IMG 0050

指紋認証から顔認証へと変わった私のiPhoneですが思っていた以上にすごかったです。

指紋から顔に変わることの大きな違い。それは
「操作をしなくても認証ができる」
ということです。

買い替えて初めてLINEの通知が来たときにロック画面にピコンと表示されたのですが、誰からどんなメッセージが来たかまでは表示されず、LINEがきたということだけの通知でした。(←イメージ)

「お、メッセージが来たんだな」と画面を見たその瞬間、その通知のボックスがするっと大きくなって送信者と本文が表示されたのです。

あまりにも自然だったので最初は「そうゆう動きなんだな」くらいに思っていたのですが、よく考えたらこれは、「持ち主が通知画面を見つめていることを認識して通知の中身を表示してくれた」んですね。

すごいなと思って色々試したのですが、iPhoneが私の顔を捉えていてもチラ見したくらいでは開いてくれず、じっと見つめた瞬間に開いてくれます。口を塞いだ状態で見つめたときは「本人と確証がもてない」ということでブルッと震えて拒否されました。設定はもちろん変えることができるので常に全開放も全非表示もアプリごとの設定もできます。

プライバシーを守りつつ、持ち主の操作は最小限に動作をしてくれます。これが指紋認証の場合はホームボタンに指をもっていくというワンクッションが必要でしたが、もはや操作せずとも空気を読んで動いてくれるiPhone。スマートですね。

IMG 0040

iPhone XSで撮影。きれいに撮れるな・・・

とりあえずケースを買わないとということでアキバヨドバシで買ってきました。

iPhone XS 64GB(スペースグレイ)を購入

|

P1300810

長かった・・・ついに・・・iPhone 6sを購入してから約3年・・・

新しいiPhoneに買い替えました。iPhone XSです。

XRと迷ったのですが決め手は2つ。

P1300576

以前から「日本酒好きにとって天国のような場所がある」と噂に聞いていたイベントに参加させてもらいました。

「清龍酒造の酒蔵見学」です。これは本当にすごかった。幸福に満ちた空間でした。

清龍酒造は埼玉県蓮田市にある酒蔵で、小売の流通をせず、居酒屋を経営してそこにお酒を出している珍しい日本酒メーカーです。そして更に特徴的なのがこの「酒造見学パーティ」の開催です。

P1300461

最近すっかり普及したなという印象があるのが「完全ワイヤレスイヤホン」です。

アップルの白いやつをぶら下げている人をよく見かけますし、耳栓のようなタイプで紐が完全にないタイプのイヤホンをしている人が増えたように思います。

私自身は最近ワイヤードのそこそこいい音質のイヤホンを使っていたのですが、残念ながら断線してしまいまして、ワイヤレスで使っていたBeatsXは故障して一度交換して使っていたのですがうっかりなくしてしまい、今回はこちらを購入いたしました。

Niko and...晴雨兼用傘(男女兼用)

|

P1300282

今年の夏は尋常じゃない暑さでしたね・・・
あまりにも暑かったのでふと「俺も日傘ほしい」と思いました。

よくよく考えると何故今まで日傘は女性のものというイメージだったのか分かりませんが、あれだけ日差しが強い中外を出歩くのは命に関わるということで男も日傘を持つべきだ!と思い立ちました。

しかし、従来の日傘はフリルがついているような女性らしいデザインが多く、一方「男性用日傘」ということで検索するとあまりオシャレ感のないものが多かったりして、ちょうどいいのはないのか?と持っていたのですが、「Niko and...」でほどよい感じの晴雨兼用傘を発見したので購入しました。

P1290956

スマートホームを買ったら試したくなる代表的なことの一つが「照明を声で操作」ですが、普通の電球では操作ができません。電球がWi-Fiにつながっている必要があります。

Wi-Fi電球の代表的なモデルにPhilips Hueというのがあるのですが、スターターキットとかを買うと電球とは思えないほどお高い商品でした。しかし最近お求めやすいものが中華系のメーカーから出ているということでこちらを購入しました。

Magic Hue

P1290919

我が家には安物のエレキギターが1本ありまして、置き物と化しているのですが、新居に来てから部屋の隅っこのスタンドに立てたままで正直邪魔だったので、念願だった壁掛けを実現しようということでこちらを購入しました。

【自由研究】恐竜貯金箱工作セット

|

P1290737

長男も小学校に入学し夏休み。
となるとあれがあります。そうです自由研究です。
今回は近所のホームセンターで売っていたこの恐竜貯金箱工作セットを購入してみました。
父は工作が得意だったので任せろ!とばかりに製作が始まりました。

Camerawotomeruna main 1 orig

SNSの時代を象徴するような売れ方をしている映画「カメラを止めるな!」をネタバレ踏む前にと思って急いで観に行ったら、これは確かに最高の映画だなということで勢い余って2回見てきたのでブログに書きます。

この映画はネタバレ厳禁ですが、見た人向けに思いっきりネタバレして感想書こうかとも思ったのですが、あえてまだ見ていない人に向けてネタバレなしで魅力について書いてみようかと思います。

【ご注意】とはいえこの映画、見るならば事前の情報を一切入れないことをオススメします(予告編動画ですらも若干のネタバレあり)。が、それでもまだ劇場に足を運ぶ気にはなっていない人に向けて、公開されているあらすじや監督のインタビューの内容までは触れるとしても本質的なネタバレなしで可能な限り書いてみようと思いますので、興味ある方はお付き合いください。

月別アーカイブ

タグクラウド