GSX 205 SMART

|
GSX.jpg大学に入ったころに買って、ずっと愛用しているGSXというブランドのウォッチで、GSX205 SMART no.14 というモデルです。ムーブメントはオートマチックです。
クオーツより正確じゃないし、使わないと止まるし、高いし、いいことは無いのですが、それでもなぜ自動巻きを使うのかと言うと、電池が無いのに勝手に動いてるっていうことへのロマンとぐらいしか言いようがありません。
ここの時計はこだわりが満載なのです。

例えばこのガラスにプリントがされているのですが、文字盤の模様と重なることでマークが完成するようになっています(赤い点)。
これはガラスがまん丸のため、機械ではプリントしたガラスを文字盤の柄の位置と合わせることができません。そこで職人が一つ一つ手作業で、ガラスを正面から見ながらはめ込んでいるそうです。そうゆう「無駄な」こだわりにグッと来るわけです(笑)。
他のモデルでは器械では作れない3次元曲面デザインを職人が手作業でステンレスを削りだして作ったりしています。

しかも国産ムーブメント、国産素材、国内生産、国内組み立て、国内デザインという完全「メイド・イン・ジャパン」というのも特徴です。
それで40000円です。コストパフォーマンス高いと思います。
他に日本でこういうことしてるメーカーはあまり見当たりません。

追記:GSX WATCH JAPAN クリエイティブ・ディレクターの石田憲孝さんのブログでこの時計の製造について語られています。「機械であれば数分で何百枚も取り付けるところを10分以上かけて1つにつける」そうです。

関連記事

月別アーカイブ