夏の日の少年

|
ここ最近、同年代の知り合いにいろんなことがありました。
ある人には子供が生まれ、ある人は亡くなってしまいました。

そうすると、自分自身、照らし合わせていろいろ思います。
こうゆうときにいつも思い浮かぶのが桑田佳祐さんの「夏の日の少年」という曲。

"あの頃の君が今の僕を見つめて何を思うだろう"

「君」にはいろいろな人が入ると思いますが、僕はいつもそこに自分自身を入れて考えます。

あの頃の自分が今の自分を見ての感想は
「(内心がっかりしながら)まぁまぁいい感じね」
といったところでしょう。

逆に今の自分があの頃の自分にメッセージを送るとすれば、
「君はやっぱり天才だったよ。今やりたいと思っていることは自信を持ってやりな。でも免許は取ってね。」
と言います(笑)。

月別アーカイブ