Googleグループで社内ゲーム部設立

|
groups3.gif個人でウェブサイトを作る動機としてメジャーなものに、まず日記がありますが、もう一つよくあるのはグループで使うサイトを作ることなんじゃないかと思います。

サークル、同好会、仲良しグループなどなどですが、私は最近、Wiiスマブラマリオカートというゲームでオンライン対戦にハマり、対戦仲間を求めるうちに、会社の同僚の方々とよく遊ぶようになってきました。その際、
  • お互いのオンラインのアドレスコードを交換する。(初回のみ)
  • 日にちを決めて集まる。
  • 終わったあとの感想などの雑談
などのやりとりが発生しますが、人数が増えてくると、お互いのコード交換や、集りの呼びかけなどが大変になってきました。
そこでまず思いつくのがメーリングリストを作ることですが、登録者間であんまりメールが頻繁に送られるようになるのも、うざったいかなとも思っていました。

会社では情報共有のためにサイボウズを使ったりするのがおなじみですが、フリーでは使えません。そこでフリーのグループウェアサービスがないか探してみたところ、
などを見つけ、今回はGoogleグループを使ってみました。「社内ゲーム部」の発足です。

guest.gifGoogleグループでできること。
  • 登録制の非公開サイトが簡単に作れる。メールで招待状を送るだけで登録できる。
  • 登録者のメールアドレスのメーリングリストができる。
  • 掲示板ができる。メーリングリストのメールやり取りもスレッドとして表示される。
  • HTMLの知識がなくても自由ページが作れる。
  • メンバーのプロフィールが出せる。
これによって
  • プロフィールページに、メンバーの番号や持ってるソフトやら何やら書ける。
  • メーリングリストで集まる日を全員に知らせる。
  • 掲示板で、終わった後の感想やら何やら書ける。
  • 自由ページで今まで話したことのまとめ(先の予定とか攻略とか)などをアーカイブできる。
と、不便だったことが一気に解消してしまいました。

また、集まる場所ができたことで、「気軽に人を誘える」という二次効果も生まれました。
というのも、今まではゲームを持ってたりやる気のある人しか呼べませんでしたが、興味がありそうな人、そもそもWiiを持ってない人にも、「ゲーム部があるから」と、招待状を送り、とりあえず様子をのぞいてもらうことができます。その際、今までのやり取りをみて「面白そうだな~」とでも思ってくれたらこれ幸い。

さらに、各メンバーが他の人を誘うということもできるので、芋づる式に人が増え、当初6人だった部員がここ2~3日で20人!に増えました。というか知らない人もいるんですけど・・・。

なにせ、マリオカートWiiは12人同時対戦可能!
そんなに集まることはないと思ってましたが、もう一息で実現できそうです。

今後の課題は幽霊部員の掘り起こしです。なんかリアルな部活みたいになってきました...。

これを見ている関係者の方々、仮入部はいつでも受けてつけていますよ!

関連記事

月別アーカイブ