クラウザーさんを拝見してきた。

|
mestower.jpg見てきましたよ。映画「デトロイト・メタル・シティ」。ダークナイトもまだ見てないのに、なんか気分的に勢いで行ってきました。しかも公開初日。初日にしかも邦画で、しかもコメディを見に行くなんてなんて初めてだし、今後も滅多にないんじゃないだろうか。

以下、コミックを全巻所持しているプチDMC信者としての感想。

まず驚いたのが各役者のハマりっぷり。

松山ケンイチ、この人無くして成立しなかったであろうという企画ですけども、はまってました。
クラウザーさんがめちゃめちゃかっこいい! そして根岸君がめっちゃムカつくwww
映画の冒頭は根岸君に対してあまりに嫌悪感を抱いてしまい、この映画大丈夫かと思ったのですが、それはそれだけ松山ケンイチが根岸君になりきっていたということですね。
それに対するクラウザーさんがかっこいいのなんの。演奏シーンは予想よりもずっとライブ感があり様になってました。ジャギ様の腰振りもよかったし、カミュの妖しさも最高でした。

そして際立ってたのが松雪泰子演じる女社長のファックっぷりw
はじめ社長役が松雪泰子と聞いてどこまで再現する気なんだ?と思いましたが、その心配は無用でした。
むしろ見てるこっちがひくぐらいのぶっ飛びっぷりです。「濡れねぇんだよ」ともはっきりとおっしゃっておりました。服装もかなりきわどくてパンツも見えておりました。

あ と忘れちゃいけない、DMC信者役の、あの人、ドラマとか映画によく出てくる、ほら、面白い感じの人、倉なんとか、 ⇒調べる⇒ なんと!オフィシャルサ イトにも出てない! ⇒ググる⇒ 大倉孝二さん! そうこの人、脇役やらせたら最高ですね。バイプレーヤーってやつですか。

笑えるところはそれなりに笑えるし、泣けるところはやっぱりお母さんとの絡みでうるっと、しかも冒頭でww

ライブシーンが映画館だと爆音でいい感じなので、できれば映画で見ることをおすすめします。

が、過度な期待は禁物です。しょせんギャグ漫画くらいの気持ちで見るのがいいと思いますw

写真はタワレコで買ったトイフルです。
ご存知ですか? 六本木ヒルズはクラウザーさんが東京タワーをはらませてできた子なんです。

関連記事

月別アーカイブ