428はサウンドノベルの大傑作

|
いやー。おもしろいよ428。Amazonレビューの絶賛っぷりがすごいw
Wiiで最近出たサウンドノベル(ex:かまいたちの夜)なんですけどね。

とりあえずこのムービーを見てください。概要がわかります。

「24」みたいなノリのリアルタイムサスペンスになっていまして。
主人公が5人ほどいて、同じ時間に渋谷にいるんです。

一人の主人公の話を読み進めていき、途中で行動を選ぶことでストーリーが変化するのですが、その選択が、別の人の話に影響していくんですね。
ある人で進めているといきなり殺されてゲームオーバーになっちゃったりするんですけど、別の人の何気ないこの行動を変えることで、それが回避できたりするんです。
そしてばらばらに行動していた登場人物たちが、徐々に複雑に絡みはじめて、予想のつかない展開、どんでん返しの連続なわけです。
これ、ゲームを普段やらない人もやってる人も全員楽しめます。
操作もリモコンの片手でぽちぽちと読み進めるだけなのでとっても快適です。
ちょいと1時間という気持ちで気楽に遊べます。そして話の続きが気になってしまい、寝不足に。

小説でも映画でもドラマでもなく、ゲームという媒体だからこそのおもしろさです。

音楽もいいです。映画「ローレライ」とかの音楽をやってる人が作っています。
ドラマって印象に残るテーマ曲があるかどうかってとっても重要だと思うんですけど、このゲームにもそれがあります。

さて、もう少しでクリアだ。犯人がぁあああああ!(ry

 

タマ可愛いよ、タマ

関連記事

月別アーカイブ