お酒を飲んでいて、ふと気がつきました。
それは、マティーニツンデレは似ているということです。

マティーニ - Wikipedia

マティーニのレシピは
  • ジン 45ml
  • ベルモット 15ml
が標準的な分量ですが、ドライ(辛口)なほど通、つまりジンの比率が高いほど通みたいに言われたりします。

かつてのイギリスの首相、チャーチルはエクストラ・ドライ・マティーニを好んだそうで、
>ベルモットを口に含んだ執事に息を吐き掛けさせてジンを飲んだ
(執事にベルモットと言わせたとの説も)
>ベルモットの瓶を横目で眺めながら
(正視すると「甘すぎる」らしい)
なんていう逸話があります。
一方ツンデレのレシピは
  • 普段ツンツンしてる
  • たまにデレっとする
というものですが、これも普段のツン度が高ければ高いほど、デレっとしたときの価値が高まり、味わい深くなるのです。よいデレが欲しいゆえに、より強いツンを求めるわけです。

つまり、両者の黄金比は
ベルモット:ジン=デレ:ツン=1 : (無限大)

となるわけです。
我ながら大きな発見です。

月別アーカイブ