いたばし赤提灯

|
aka_itabashi.jpg
一眼レフは一般的に高感度に強い。
つまりISO感度を上げてもノイズが出にくい。
ISO感度を上げると何がいいかというと、暗いところが明るく撮れます。

では、ISO感度を上げないと明るく撮れないかというとそうではありません。
シャッタースピードを下げれば明るく撮れます。
しかしシャッタースピードを下げると、ぶれやすくなります。
そうなると三脚が必須になります。

逆に言ったら、三脚で撮ればISO感度は高くなくていい(生き物を撮る場合を除く)。
でも、こんな日常のスナップを撮るためだけに三脚をセットするかというと・・・ないですね。

一眼は、室内で人を撮ったり、夜の風景をさくっと撮れるから便利です。

けど明るく撮るためにはもう一つ大事な要素が。「絞り」という・・・
これには「単焦点レンズ」なるものがありまして・・・また物欲がムクムクと・・・。
これをレンズ沼というそうです。こわい沼です。

月別アーカイブ