iphonemms.jpgiPhoneを買う前に不安に思っていたのは主にメール・文字入力関連についてでした。

確かにメール受信トレイがケータイ感覚でフォルダ分け出来ない点は残念です。

また通常のメールはいわゆるPCのメールと同じ仕様であるため、相手のケータイの設定によってはメールが届かなかったり、返信の際に、必ず相手の文章が引用されてしまったり、などの不満はあります。

しかしMMSというサービスがこれらの不満を解決してくれました。

あまり聞きなれない形式ですが、これはSoftbank以外のキャリアとも今までのケータイと同じ感覚で使え、むしろ優れた点があります。
まずインターフェイスがチャットログのような形式で表示されます。
これにより受信したメールの確認から返信までを1画面でシームレスに行えます。まさにメッセンジャーをやっているような感覚です。

またこの形式は、相手の文章を引用せずとも過去の文章のやり取りを、するすると遡って見ることができます。
Re:ばっかりになりがちな表題も入力する必要がありません。(相手が表題付きで送ってきたらちゃんと表示されます。)

この表示方法はすごく判りやすいので、ケータイにも採用したらいいのにと思いましたが、ケータイだと縦のスクロールが長くなると十字キーを押しっ放しにして送らないといけないので、煩わしくなってしまいそうです。
その意味でiPhoneのタッチスクリーンに最適化されたレイアウトであると言えます。

そしてこの1人1ログの表示形式により別のメリットが生まれます。
それは先ほど不満と書いたフォルダ分け出来ない受信トレイの件です。

トレイには人単位でリスト化され、最近に送受信したものから並びます。
つまりたくさん返信のやり取りをしている相手でも、リスト上は1項目しか表示されません。
これにより、よほどたくさんの人と同時にやり取りをしない限り、メールを探すのに苦労しませんし、むしろシンプルでいいんじゃないかと。

仕事とプライベートに両方がっつり活用している人はきちんと分けたいという人もいるでしょうが、その場合は仕事用を通常のメール、プライベート用をMMSという風にわけてしまえば問題無い気がします。

文字入力も慣れてくればケータイより早く打てます。

が、爪の長い女の人は打ちづらいようです。
その点はお気をつけください。深爪の自分には無問題です。

またMMSはケータイのデコメはうまく表示されなかったりするようです。
これもデコメを頻繁にやり取りすることが無い自分にはあまり問題ではありません。

ということで、買う前は不安要素だったメール関連ですが、使ってみての感想は、
「別に不便じゃない。
っていうかケータイよりいいじゃん!」

です。

続く。

次回予告⇒スケジュール・タスクアプリ篇

関連記事

月別アーカイブ