今、4つ目のダンジョンですが、今回のメガテン、面白いです。

ベースは昔ながらのメガテン、ダンジョンRPG、悪魔合体。まったく踏み外してません。
が、まだこんなにおもしろくなるんだ?と感心させられるスパイスが入っています。

今回は「探索」にフォーカスが当てられています。

まず武器・防具の作成にモンハン的な素材集め要素が加わりました。
今のところ、「ちょっと素材が集まらなすぎじゃね?」って思うところもあります。

が、ダンジョン内を「サーチする」ことで隠れたアイテムを探したり、
悪魔との会話や、倒した後のアイテムからいろんな素材が手に入ることで、ルーチンな戦闘・ダンジョン探索に楽しみが加わっています。

また、気を抜くと瞬殺されるシビアな戦闘も健在。
今回の特徴は初見の敵は正体が不明であるということ。
これによってシリーズ経験者でも初見の敵には何が効くのかどんな強さなのかまったく想像がつきません。場合によっては物理攻撃を全部反射するインドの象とかもいらっしゃいますので、ビクビクです。

また、アイテムと同じくダンジョンを「サーチする」ことで隠れた敵を見つけ出すことができます。この悪魔のレベルがほかの悪魔よりワンランク上だったりして、通常の戦闘にもメリハリの利いた緊張感が得られます。

2画面によるマップ常時表示や、早送りといっていいレベルのオートバトルのさくさく感は携帯ゲーム機としてのユーザビリティをすごくよく考えているという印象です。

ということで、DS持ってるRPG好きはみんなやったらいいよ。

P.S. Wiiで要潤がやっていた朧村正というゲームがすごく面白そうで気になる今日この頃。
サイトで見ると「萌え系?」な印象だが、ゲーム画面は和風の世界観が美しく、アニメ臭も薄かったです。音楽もよさげです。要潤ゲームうまいな。

関連記事

月別アーカイブ