イエローモンキー生誕20周年祭

|
YouTubeでイエローモンキーの映像はすぐ消されると言うのがお馴染みなのですが、しばらく見ない間にいろいろ上がっていたので、一気に晒してみます。
なんつっても今年は20周年ですから。お祭りですよ。
カバーアルバムが楽しみです。


多くの人が持つイエローモンキー観を最も体現しているのがこの曲であり、このPVなんじゃないかと思います。ロックスター然とした佇まいと、和の世界観。
セールス的な意味でもこの時期がピークの頃ですね。
椿屋四重奏がカバーします。おそらく直球勝負なカバーになるでしょうな。
だっていじりようが無いだろ、この曲。


そしてポップで猥雑なこの感じ。奥田民生がカバー。
ますます軽いノリのカバーになるんじゃないかと。

カラオケでは1曲目によく歌う。「猫も連れて行こう」っていうのが吉井節。
意外にもKrevaがカバー。ラップバージョンなの?どうなの?

シリアスでドラマティック。「シュリスペイロフ」さんがカバーだそうだ。
存じ上げませぬ。

かっこいい。かっこいいよほんとに。秦 基博がカバー。ってこれも意外。
どんな感じなんだろ。非エロで毒気の無いスパークなのかしらね。

そしてファンにとって最重要曲のひとつ、Suck of Lifeを毛皮のマリーズがカバー。
ボーカルの人のブログがおもしろい
イエローモンキー愛に満ち溢れてるなこの人は。

ではその他の人のは 何が不満なの、と問われれば
答えは明白

そのバージョンに 「思い出」がないからである

BURN風に言うならば

おもいでぃ がないから、

である
もはや何も言うまい。
20周年企画サイトがオープンしてます。

関連記事

月別アーカイブ