board.jpgSTATIONERY HACKS!という本を読んで、会社のデスク周りを整理しようと思い、このマルチプルフォルダーを買いました。

  • 机の上で自立するので、書類をすっきりとまとめられる。
  • A4の書類をクリアファイルに入れたまま、すっぽり投げ込めるサイズ。
  • ラバーバンドで留めてそのまま持ち歩ける(会議用)
  • 1つ1つの仕切りはそこそこ分厚いのも入る。
ということで、とてもいい感じです。

が、これでも悩ましい問題があります。
それはプロジェクトによって書類のボリュームはまちまちで常に変動すると言うことです。
このフォルダーにはラベリングシールが付属しているのですが、例えばこのシールを使って「A社」「B社」とラベリングして行ったとしても、いつかA社のプロジェクトが終わってしまうかもしれないし、B社の書類がどんどん膨らんでいってしまうかもしれません。
そんな悩みを解決するのがハンギングファイル
ハンガーで服をかけるように書類を入れられ、仕切りの位置はスライドして動かすことができます。
これならA社のドキュメントがどんどん膨らんでもパンパンにならずに収納できます。

ということで、これが一番いいと思ったんですが、うちの会社はコンプラ的に書類を出しっぱなしにしたまま席を離れるのがNGなので、この形だと引き出しの中に入れることも出来なそうなのでアウト。
ということで、帰るときに丸ごと引き出しの中にしまえるサイズの上記フォルダーを買ったのでした。

また鞄に入れることも出きますが、それだと少しごつい感じは否めません。
ということで外出用にこちらを買いました。

渡す資料が複数ある時、複数のドキュメント×人数分の整理をして持ち歩くのが大変だったりします。全部ホッチキスで止める訳にもいかないこともあるし、クリップで毎回留めまくるのも勿体無いです。

そんな時、マチがあって仕分けして挟んで留めるだけの簡単さでスッと出せて、見た目もオシャレと言う素晴らしいフォルダーです。

関連記事

月別アーカイブ