知ってる人は知っているが、知らない人は意外と知らないTwitterのポイントについて書いておきたいと思います。

それは普通のツイートやRTと@返信をしたツイートのTL上の見え方の違いについてです。


個人的に特に重要だと思う点は

「@〇〇から始まるツイートは自分のフォロワーの中で@〇〇さんをフォローしている人のTLにしか流れない」

という点です。
この事実を知らず、@〇〇から始まるツイートもフォロワー全員に届くと思っている人が意外と多いんじゃないでしょうか。

この性質を利用すれば、特定のフォロワーたちの間だけで通じるような内輪な話題をするときも、内輪の中の誰かを先頭に@で入れてツイートすれば、話しやすくなります。

一方だれかに向けて発言しつつもこのツイートは他の人にも読んで欲しい、と思うこともあります。そんな時は@〇〇の前に何でもいいので文字を入れるとフォロワー全員に届くようになります。
@の前に「.」を入れるツイートなんかがよくありますね。

RT(非公式)やQTも同様です。@の前にRTと入れ、自分のコメントを入れているので、これは全てのフォロワーに届きます。
最近RTを使うことが多くなっていますが、ふつうの返信で、他の人には興味が無かったり、流れがわかりにくいようなツイートもRTで返したりすると、他のフォロワーにとってはノイズになってしまう可能性があります。

@〇〇で始めるものと、そうでないもの。この2種類を意識して使うと、Twitterを快適に使うことが出来ると思います。

※注意点:@で始まるツイートはその人をフォローしていないTLには流れませんが、自分自身のTL(maharadaのTLはコレ)を開けば全て見えます。
ホントの個人メッセージはDM(ダイレクトメッセージ)で送りましょう。

Twitterは完全にオープンな場所なので、ヤバイことはツイートしない。これが鉄則です。

関連記事

月別アーカイブ