@tsudaさんが印象的なツイートをしていたので、以下のようにRTしてみました。

「レバ刺し」の拡散率の高さは異常 RT @tsuda: これ書くの多分5回目くらいだけど、食べ物ネタを振ったときのツイッターの盛り上がりは異常。でも、好きな食べ物の話ってどんな方向に振れても楽しい方向にしかいかないからいいよね。

posted at 15:54:14

「本当に食べ物のツイートが楽しい方向に行かないかどうか」にはマジレスしないでおくとしてw
私が思うに「レバ刺し」がもっとも拡散しやすいキーワードだと思うのです。(ソースは俺と俺のTL)
理由は以下のようなものです。

1.レバ刺しは日常生活で見聞きする機会が少ない。
マクドナルドは街中を歩いていれば目にします。
お昼に外を歩けば、ランチに出てくる食べ物は色々目にします。
でも生の内蔵であるレバ刺しを見る機会はなかなか少ないです。
夜、チェーン店の居酒屋に行っても見ません。
よってTLにそれが流れてくると思い出したように反応してしまうんだと思います。

また、実際に食べたときは「めったに食べれないレバ刺しを食べた!」という満足感、高揚感に浸れます。これが食べた人の熱のこもったツイートを生みます。
2.レバ刺しは「大人の食べ物」である。
これがもうひとつの大きな要因。
レバ刺しは好き嫌いの分かれる食べ物です。
また子供にはあまり好かれるタイプの味ではありません。見た目も生々しいです。

つまりレバ刺しを食べられるのは大人であることの証といっても過言ではありません。
レバ刺しを味わうことよりも、むしろ「レバ刺しを食べる」と言いたいのです。

「通っぽいこと」というのは多くの人がやりたがる行為です。
牛丼の「つゆだく」、とんこつラーメンの「バリカタ」、「タレ」よりも「塩」、
実はタレの方が美味しく感じるのに塩で頼んだりしてないだろうか?

これらの理由により、今日も「レバ刺し」は多くの人にツイートされ、それが別の人の心を動かし、「レバ刺しの連鎖」を生んでいくのだと思います。

あー、レバ刺し食いてー。

関連記事

コメント(2)

ネタ思いついたってレバ刺しかw!

最近、このブログの方向性がわかんなくなってきたおw
というか方向性などないのだけど。

月別アーカイブ