音楽プレーヤーとしてのiPad

|
musicipad.jpg
基本的なことなんですけども、iPadはiPodにもなります。

旅行に持っていった際には意外と活躍しました。
このようにスタンドにすれば、部屋の中で簡易iPodオーディオになります。
もちろん音は大したことない&モノラルですけども。小さくBGMを鳴らすのには十分かと。
iPhoneでいいじゃんということもありますが、多少は音がよい&iPhoneのバッテリを使わないというメリットがありつつ、
musicipad2.jpg
なによりこの大画面の操作性です。
大画面にジャケットがズラーッとならび、指1本ですぱすぱーっとブラウズする楽しさ。

もちろん鞄の中に入れていれば移動中も使えます。
が、個人的には曲選択するのにごそごそiPadを取り出す姿があんまりスマートな気がしないので、移動中はiPhoneでいいかな、という気がしますけども。

以上が出先の話ですが、もう一つはホームでの使用です。
Wi-FI環境とAirPlay対応のオーディオ、もしくはApple TVがあれば、無線で音楽を直接飛ばすことができます。

そうするとPCを立ち上げること無く、好きな音楽をいつでもいい音のスピーカーから流すことが出来ます。
最近はもうiPodの生活に慣れすぎてしまっているので、家にいるときはほぼiTunesのライブラリから音楽を聞くようになりました。そうすると地味に問題なのがPC自体の騒音です。ノートPCを使っている人はさほど気にならないかもしれませんが、特にジャズやクラシックなど静かな音楽を、小さめの音で聴こうとするとかなり気になってきます。

iPad、Apple TVはゼロスピンドルなので動作は無音です。

iPadを使い始めてから、PCを使うことが少なくなり、家の中のホームポジションがデスクからソファに移動しました。
そうするとソファでiPadをいじってくつろいでいるときに音楽聞きたい気分になったら、その場でリビングのいいスピーカーから音楽を再生できるのがとても楽です。

という感じで、音楽プレーヤーというか「音楽ターミナル」といった趣で楽しめるiPadです。

関連記事

月別アーカイブ