ロックスミスというかギターの弾き方全般の話になるのかと思いますが、一番上の太い弦、6弦だけ上手く弾けないというか弾けているつもりなのに判定がミスになる現象が起きていました。

画面の指示通りにフレットを押えているのにミス判定になる。おかしい!しっかり押えているのに!
1音低い方のフレットを押さえるとOKになったりする。
開放弦の判定は合う。もちろんチューニングはOKになっている。
さらにドロップDチューニングにすると判定の狂う頻度が増える。
ソフトのバグ?そんなわけない。
このギターが安物で狂ってるのか?
という疑惑の念が湧きましたが、ググってみたところ同じ境遇の人がいて原因が判明。
どうやら弦を強く押さえ過ぎると音程が高い方にズレるようです。
判定が狂う→さらに強く押さえる→更にズレる
という悪循環に陥っていました。
ふわっと柔らかく押さえたら嘘みたいに判定が直りました。
ビビる頻度も下がった気がします。

ゲームのお陰で音がズレていることが判明したのはありがたいです。
知らないで一人で練習していたら音がズレていることすら気がつかないで癖がついてしまったかもしれません。

指も硬くなって皮も剥けてきていい感じになって来ましたw
今のランクは「ローカル・ヘッドライナー」です。
ヘッドライナーっていい響き!

関連記事

月別アーカイブ