gh3wifi.jpg
GH3を購入した最大といっても過言ではない動機が「Wi-FI内蔵」です。

Wi-Fiを内蔵しているということはつまり、
スマホやタブレットなどに無線で直接写真を送れてしまうんです。
実は以前、Eye-FiというWi-Fiを内蔵したSDカードを購入したことがあります。
あれも同じようなことが実現できるのですが、カメラ側が画像転送の操作にネイティブ対応しているわけではないので、操作に一手間がかかったりしていました。

というか運悪く私のEye-Fiはすぐ壊れてしまい、あまり使っていませんでしたw
またEye-Fiは普通のSDカードに比べると容量に対してけっこう割高です。

その点カメラ側にWi-Fiが内蔵されていれば、SDカードは安いのを好きなだけ使えます。壊れたら別のカードを買えば良いし、容量が足りなければ交換すれば問題ありません。
操作も楽ちんです。

GH3では上面のダイヤルキーの横にFn1ボタンがあり、ここにWi-Fi機能の呼び出しが割り当てられています。(メニュー画面からも実行可能)
実行するとスマホ側には無線LANスポットとしてGH3が表示されます。そこで通常のWi-Fiと同じ要領で接続します。(初回はパスワード入力をします)

このステップでGH3とスマホが接続された状態になるので、GH3側の画面から転送したい写真を選びます。複数枚数選択が可能です。

送信ボタンを押せばすぐに転送が始まります。
1枚あたり10秒もかからないくらいのスピードで転送されます。
その際、画像は圧縮されますが(設定でサイズは変更可能)PC、スマホ、タブレット等のディスプレイ上で閲覧するには十分な画素数で送ってくれます。
(たぶん要らないけど印刷に耐える画素数で送ることも出来そうです)
スマホ・タブレットのストレージ容量を考えると、圧縮してくれた方が好都合ですよね。

カメラを持ち歩いて歯がゆいのが、この場でシェアしたいという欲求です。
せっかくいい写真が撮れてもその場でシェアできないと意味が無い!(言い過ぎ)

でもWi-Fi内蔵なら、

gh3wifi01.jpg
人生最高の瞬間も、

gh3wifi02.jpg
日常のおいしい瞬間も、

すぐにシェアできちゃいます。
スマホに移しさえすれば、あとは煮るなり焼くなりご自由に。
Instagramなんかはスマホからじゃないとポスト出来ないですしね。

SNSジャンキーには堪りません。

関連記事

月別アーカイブ