2013年3月アーカイブ

maru01.jpg
赤羽にある東京23区で唯一の酒蔵「丸眞正宗
荒川の土手の桜を見るついでに買ってきました。
赤羽には地酒があるんです。

今回は微発泡で白い"おり"のある「おり酒」を買ってみました。
UT01.jpg
東横線渋谷駅の跡地が凄いことになっていると聞いて行ってきました。

7tuke02.jpg
巷で話題になっているセブンイレブンのつけ麺。
やっと見つけたので食べてみましたよ。

158円の絶品つけ麺を知っていますか? セブンプレミアムは神様

※チャーシューとネギは別売。
djaym01.jpg
※マウスは無関係です。

前回、iOSでお手軽にDJプレイが楽しめるDjayを紹介しましたが、DJといえばヘッドフォンを使ったプレキューイングやるでしょう。ということでAmazonから小物を買い足して設定してみました。

まず「プレキューイング」について簡単に説明しますと、
DJをする際に、どちらかのターンテーブルの音源からオーディエンスに向けて音を流すわけですが、聞いてもらっている間にもう片方にセットした次の曲の確認をしたいわけです。そこでプレイヤーだけが聴くためのヘッドフォンを使います。

確認する内容は曲の再生するポイントの頭出しを決めることや、
両ターンテーブルを同時に回して音をミックスする際にタイミングがずれていないかの確認(その際、お客さんには片方の音だけを聞いてもらう)をしてタイミングを微調整するなどです。

YouTuberの瀬戸弘司さんがマイクロソフトのSurface(サーフィスでなくサーフェスが正式表記らしい)のレビューをしていました。
今まであまり興味が無く、発売したことすら知らないくらいでしたが動画を見て、意外といいんじゃないか?と思った点があります。それはあの蓋キーボードです。

瀬戸さんの動画を見た感じ、かなり軽快に打鍵できているようです。

自分はiPadをかれこれ2年ほど使っていますが(ほぼ家の中でブラウズしたり、楽器系のアプリをやったりという用途。仕事にはほぼ不使用。)、iPadでは特に外部キーボードを買わずに画面の中のソフトウェアキーボードを使用しています。

このソフトウェアキーボード、慣れればそれなりに快適に打てるのですが、どうしてもハードウェアキーボードに劣る部分があります。
djay01.jpg
なぜもっと早くやらなかったのかというハマリ度です。

iOSのアプリといえば音楽系アプリがたいへん充実しており、音楽が得意でない人にも楽しめるようなものはたくさんあるのですが、DJ系のアプリは試したことがありませんでした。

何となく気になってDjayというアプリを見たらiPhone版が85円という格安で売っていたので落としてみたところ、大ハマリです。これは音楽が好きなら誰でも楽しめるアプリなんじゃないかと。

その1 音楽プレイヤーとして使う

djay03.jpgDJといってもテクニック0で使えてしまうのがこのアプリの楽しいところ。
オートミックスという機能を使えば、曲と曲をいい感じに繋いでくれます。
選曲は完全にランダムですが、プレイリストを選ぶことができるのであらかじめミックスしたい曲を集めておくといいです。
また聴きたい曲が思いついたら再生してない方のターンテーブルに次の曲をセットできます。
これなら作業しながら流しっぱなしにもできますし、バックグラウンド再生もできるのでブラウズしたりSNSをしたりもできます。純正のリモコンの停止、曲送りも対応しています。曲を送る際はかっちょいい感じに繋がります。

(トランジションのスタイルはランダム、
デュレーションは10秒以上にするのがオススメ。)

月別アーカイブ