YouTuberの瀬戸弘司さんがマイクロソフトのSurface(サーフィスでなくサーフェスが正式表記らしい)のレビューをしていました。
今まであまり興味が無く、発売したことすら知らないくらいでしたが動画を見て、意外といいんじゃないか?と思った点があります。それはあの蓋キーボードです。

瀬戸さんの動画を見た感じ、かなり軽快に打鍵できているようです。

自分はiPadをかれこれ2年ほど使っていますが(ほぼ家の中でブラウズしたり、楽器系のアプリをやったりという用途。仕事にはほぼ不使用。)、iPadでは特に外部キーボードを買わずに画面の中のソフトウェアキーボードを使用しています。

このソフトウェアキーボード、慣れればそれなりに快適に打てるのですが、どうしてもハードウェアキーボードに劣る部分があります。
それは、「入力をしない状態でキーボードの上に指を置けない」ということです。
ハードウェアキーボードでは入力しない状態でも指を下ろした状態でいることができますが、ソフトウェアキーボードでは触れた瞬間に入力してしまうため、それができません。

入力しないときは画面の上に指を浮かせる状態になります。
これが地味に大きな違いで、やはりブログのような長文を書く際にはストレスになってきてしまいます。そのため、ブログはあまりiPadで書くことはありません。

ならばということでサードパーティ製の外部キーボードを買えばいいのですが、
個人的にあまり本格的なキーボードはiPadは付けたくないなぁと思っています。
というのもそれをつけてしまうと「MacBookでよくね?」ということになってしまうからです。接続にはDock/Lightningコネクタからの有線接続かBluetooth接続が主流で、スマートに繋ぎたいならBT接続を選ぶことになりますが、そうするとキーボード本体にも電池が必要になり、煩わしいです。

その点、Surfaceはよく出来ていて、iPadの蓋のようにマグネット的にくっつくのですが、そこで給電と接続をしてくれます。
動画を見る感じ、ストローク感は殆ど無さそうですが、軽く触れた程度では入力として認識しないようになっているっぽい。これがきっと大きいです。

そして見た目はiPadのカバーと同じく蓋として機能し、薄い。
前述のようにタブレットにごついキーボードは付けたくない派なので、この薄さ、接続簡単で電池不要、そしてキーボード感の高い打ちやすさを両立しているという点がとても惹かれるところです。

あとは肝心のOSの出来、アプリ類の充実度などがどうかというところです・・・
まだ全く触っていないので何とも言えませんけども・・・

結論としては

「iPad純正でAppleがこれをパクってくれ」

ということになります。

関連記事

月別アーカイブ