djaym01.jpg
※マウスは無関係です。

前回、iOSでお手軽にDJプレイが楽しめるDjayを紹介しましたが、DJといえばヘッドフォンを使ったプレキューイングやるでしょう。ということでAmazonから小物を買い足して設定してみました。

まず「プレキューイング」について簡単に説明しますと、
DJをする際に、どちらかのターンテーブルの音源からオーディエンスに向けて音を流すわけですが、聞いてもらっている間にもう片方にセットした次の曲の確認をしたいわけです。そこでプレイヤーだけが聴くためのヘッドフォンを使います。

確認する内容は曲の再生するポイントの頭出しを決めることや、
両ターンテーブルを同時に回して音をミックスする際にタイミングがずれていないかの確認(その際、お客さんには片方の音だけを聞いてもらう)をしてタイミングを微調整するなどです。
設定の方法は2種類あって、
の2種類で今回は後者の方法でやりました。

必要なグッズが2つあります。まず、
djaym02.jpg
Apple iPad Camera Connection Kit のUSBのやつ
こいつをたまたま持っていました。
SDカードをiPadに刺すやつを買ってそれとセットにUSB端子のアダプタがついていたのですが、思わぬ所で役立ちましたね...

これを繋いだら次は、
djaym03.jpg

こいつをさらに連結します。これ以外にも同様の製品が色々出ています。
USBからオーディオ出力のジャックに変換出来ればよいです。
このグッズはこの用途以外にも、PCにヘッドフォンで音楽を聴く際に、PCのボードに直刺しするよりも音質が良くなったりするなど使えるアイテムです。

djaym04.jpg
合体!

djaym01.jpg
そしてこうなる、と。
左から出ている線がスピーカーに繋がり、右から出ている線がヘッドフォンに繋がっています。別に逆でも構いません。

djaym05.jpg
設定画面はこんな感じ。

繋いでみた感じ、2つのアダプタを連結しているので、横方向のちょっとした圧力で端子がポキっといってしまいそうな不安感はありますが、問題なく接続できています。

実際にプレキューイングしてみると、始めは曲を流しながら別の曲を聞くという行為に頭が混乱しますが、慣れれば頭出しなども問題なく出来るようになってきます。

ということでよりDJっぽく楽しんでいきたいと思います。

djaym06.jpg恍惚の表情

関連記事

月別アーカイブ