Introducing Video on Instagram from Instagram on Vimeo.

↓さっそくこんな具合に撮ってみました。


先行するTwitter的動画サービスVineと比較すると色々興味深い。


ぱっと見、Instagramの方が機能は良さげなんですよ。
でも個人的にはVineの方が好きだなと思ったりします。
Vineの魅力は以前書いた通りなのですが、まず尺。
Vineは6秒しか撮れないけどInstagramは15秒撮れる。
長い方がいろんなシーンが撮れるのでいいかもしれませんが、Vineの方が再生が始まるのが早くてサクサク見ていくことができます。
この待ち時間の差はでかいです。Vineでももっと早くなってほしいと思うくらいです。※現在3G回線で見ているのでLTEになればだいぶマシになりそうですが。

Instagramは編集できるがVineは編集できない
でもこの1発勝負の手軽さや潔さがUIのシンプルさにも繋がっています。
外で動画をとるとき、シェアするときのスピード感は大事です。
ガチの動画は一眼を担いで持っていきますし・・・

InstagramはループしないがVineはループする。
6秒という短い尺とループするという特性によりGifアニメ的なループ動画を作る楽しみがあります。ループは基本的に1アクションを繰り返すものが多いですが、仮に15秒のワンアクションって考えると結構長いんです。そうなるとループ動画としてはダレるものになりやすい。Vineの6秒って計算された長さなんだなと感じます。

しかしInstagramはやっぱりフィルタがつく。これはVineにも欲しい。
しかもInstagramには手ぶれ補正機能が付いている。これもかなりいい。

機能が豊富なら普及するかというとTwitterの後追いサービスたちが軒並み高機能なのに普及していないことを見れば、そうでもないということが分かります。

が、Instagramは既にこれだけ普及しているのと、Vineは現在、日本語対応していないことから見て、日本ではInstagram動画のほうが普及しそうな感じではありますね。

VineはブログにEmbedできるのにInstagram動画はできないっていうのはブロガー的には痛い。ここは対応して欲しいところです。


と個人的にはVineお勧めですが、Instagramでもいいです。
皆がもっとインスタント動画をシェアしまくったら楽しいだろうなと思う今日この頃です。

関連記事

月別アーカイブ