rockdjay.jpg
すっかりハマってしまったDJアプリの「djay」ですが、
自分はもちろん高度なDJプレイが出来るわけではありません。
が、「ロックDJ」的なことならより手軽に楽しめるので紹介したいと思います。

<ロック系の曲の特徴>
  • BPMがバラバラ。アップテンポだったりバラードだったり。
  • キックが4つ打ち以外の色んなパターンがある。
以上のことから曲を完全にMIXするのは難しくなるのですが、逆に言うと1曲1曲を順番に繋ぐことがメインになり、あまり難しいテクニックは必要なくなります。
全くBPMの違う曲のアウトロとイントロをフェードイン・フェードアウトさせるだけでもそこそこ楽しめます。
1つ使えるテクニックとしては、「速い曲から遅い曲に繋ぐ時はターンテーブルの電源ON/OFFを使う」というものがあります。
djayではターンテーブルの電源を切った時のシミュレーションができます(盤面の左下のボタン)。このボタンを押すと再生速度が徐々に落ちていき止めることができます。
アップテンポな曲の任意のタイミングでこれを押し、曲が止まる直前にスローテンポな曲にフェーダーを切り替えるだけでなんとなくそれっぽく繋がったりします。

もちろんBPMをピッタリ合わせれば(全く同じBPMの曲でなくてもある程度は違和感なく調整できる)、なめらかに曲を移行することができます。
例えば間奏のギターソロのところから次の曲に繋いだり、
次の曲のAメロをカットしていきなりサビに繋いだり・・・。

ということでiPadなら初期投資が少なく楽しめるので、お家でお気軽にDJもいいんじゃないでしょうか。

聞いてくれる人がいればなお良し・・・

関連記事

月別アーカイブ