genjiko05.jpg
水天宮にうちの両親と嫁の両親と皆で行きまして、日本橋のロイヤルパークホテル にある源氏香という和食料理屋で懐石ランチを堪能してまいりました。親のおごりで。ぐへへ。
子宝懐石だそうで。
genjiko09.jpg
【前菜】石垣小芋 海老 叩き陸蓮根 真砂柚子 美味出汁餡
自分で美味と言っているだけあり、いきなり感動的旨さでした。柚子が効いて。

【御椀】上澄み仕立て 鰯つみれ 小角葱 忍び生姜
見た目は普通だけど味はすごい。上澄んでるからなのか。何がなのか。
忍びと言いながら結構生姜は主張してきました。

genjiko02.jpg
【お造り】烏賊素麺 薬味 露
「お造り」の名に恥じない造形的意味でのお造りこみ。
縦横に包丁の仕事が入っており、右から少しずつ箸で摘んで「やってる?」と暖簾を上げる感覚で頂きます。そして右下に花束のように添えてある薬味がまたうまい。

genjiko07.jpg
【焚合せ】豚ロース俊寛巻き 大根 人参 牛房 九条葱 風味餡
俊寛とはなんぞや?と思いましたが巻いてあるのはカンピョウ。この巻き方を俊寛さんが確立したと思われます。豚ロースと言いながらシャケみたいな味がしました(例えが安い)。

genjiko01.jpg
【組肴】太刀魚バター焼き アスパラ ヤングコーン 小玉葱 カリフラワー パプリカ 占地茸 ちり酢 
鱧梅山葵揚げ 苦瓜 紅卸し 煎り出汁
無花果胡麻クリーム掛け
南瓜豆腐 南瓜餡 くこの実 旨出汁
1品ずつきたのにここに来ていきなり大量ラッシュ。エイリアン1のあとに2を見た時の衝撃。とりあえず、全部うまかった。日本酒.in。

genjiko03.jpg
【食事】赤飯 香の物 留椀
さんざん食べた挙句「食事」と言われると今まで食べた行為は何だったのか?という疑問にかられる懐石あるある。
見た目は何の変哲も無いのですが、シンプルな分、旨さが引き立ちます。漬物が素晴らしい、赤だしが素晴らしい。

genjiko04.jpg
【水菓子】季節の果物と甘味
梨の上にざくろが一欠片。後ろはぶどうのゼリーです。

ということで水天宮に来たのは、第2子、懐妊ということでありまして、ここらで打ち止めにしないともうお小遣いがナッシングなことになりますが、なんとか頑張って生きねばと思います。ひこうき雲。

genjiko08.jpg
余の食事も忘れるでないぞ。これは稲庭そばである。

関連記事

月別アーカイブ