iPad Air と iPad mini (Retina)が発表

|

l_sk_ipad_02.jpg

ついに来ました。これは悩ましい選択だ。
iPad Airってうモデル名ですが、iPad Proがある訳でもないのだから「新しいiPad」のままでよかったんじゃね?という気もしますが、薄く軽くなったのが言いたいんですね、わかりますわかります。
極太ベゼルが薄くなり見た目もしゅっとしました。重さは前のモデルの2/3程度になったとか!
これはまだ触ってないから解らないけど・・・すごくいい、きっといいw

残念なのは指紋認証Touch IDの不採用。iPadの場合、ホームボタンを押してからのパスワード入力は手を持ち変える感じで入力する必要があるので、その入力が不要になれば非常に快適だと思うんですけどね。おそらく来年のモデルには確実に採用されるだろうと思うので、最近のモデルを持っている人などは様子見るのもありかもしれません。

そしてiPad mini。Retina化は既定路線で驚きはなかったものの、ピクセル数がどうなるのか気になっていましたが、なんとデカiPadと同じ!ということで、画面が小さい分ぐぐっと密度が高まって326ppiという最高解像度です。これは現行のiPhoneと同じピクセル密度ですね。タブレットはスマホよりも離れた距離で見るので十分すぎる解像度だと思います。
そしてCPUは共にiPhone 5sと同じA7。あと無線LANがダブルで倍速的な何かを搭載!(デュアルチャネル(2.4GHz/5GHz)およびMIMO)とのことで、処理速度と回線速度が合わさればそれはそれは快適なことやなりそう。
miniの方はかつてデカiPadがRetina化した時と同じ様にやや分厚く重くなってしまいましたが、ポータビリティは十分に高そう。

ということでどちらも魅力的。デカiPadの画面サイズに慣れ親しんでいる身としてはサイズそのままに軽量化したiPad Airが魅力的だけどminiのサイズ感も使ってみたい。けど世の中的にはminiの方が売れるんじゃないかなぁ。 

関連記事

月別アーカイブ