吉井和哉さんがアルバムに参加しているアメリカ人バンドメンバーを招いて、さいたまスーパーアリーナでたった1日のライブ。ついにチケットも発券。なんとアリーナのBブロック!
しかしアリーナの席はイベントによるということで詳細は不明なのですが、もしかしたらそこそこ前の方かもしれないということでテンション上がりまくりです。

ということで曲目を予想(というか個人的願望ベース)してみたいと思います。

何と言っても今回はロビンソンと銘打たれているわけで、ソロの1st 2ndが主体になる? でもアメリカ人参加という意味では5thまでとも言えるし、もしかしたらロビンソン的モードのイエモン曲も? ではやって欲しい曲挙げたいと思います。

Sade Joplin 

やってほしい度 ★★★★★ やりそう度 ★★★
いきなりそこかよというところですが好きなんです。もの悲しい雰囲気が。My Foolish Heart Tourで生で聴いたのですがライブで化けるアレンジになっていてすごく良かったんです。ジョシュのドラムも爆発すると思います。

What Time

やってほしい度 ★★★★★ やりそう度 ★★★
同ツアーから続きますが、これも大好きな曲。全体的にあのツアーは個人的ツボだったんですよね。本編最後にこれでシメて欲しい感じ。

甲羅

やってほしい度 ★★★★ やりそう度 ★★
敢えてのこっちw 原曲の方ももちろん大好きなのですが、折角だからこっちのバージョンも聞いてみたい。

ギターを買いに

やってほしい度 ★★★★ やりそう度 ★★★
マイナー曲連発ですが、ロビンソンの雰囲気に合うんじゃないかと。ストロークスを意識したというサウンド、アメリカ人チームにきっとハマるはず。

Girlie

やってほしい度 ★★★★ やりそう度 ★★
ここでイエモン曲。何かしらやるんじゃないかと思ってるんですが、どうせなら後期の軽く鬱入っていた曲たちをやって欲しいなと。Dear Feelingでも可。

Tali, Call me

やってほしい度 ★★★ やりそう度 ★★★★★
まぁこれはね。挙げるまでもないかなというところですが、アメリカ人チームでまた聴きたいですね。ジョシュのドラムはミディアムスローテンポにこそ凄みがある。

欲望

やってほしい度 ★★★ やりそう度 ★★★★
ライブ2曲目の定番。なぜこの曲を挙げたかというと何気にベースが格好いいので、初登場のポール・ブッシュネルがどう演奏してくれるのかというところで注目してみました。陽気な方みたいなのでヒーセみたいに前に出るタイプのプレイだったりして?

Spilits Coming

やってほしい度 ★★★ やりそう度 ★★★★
正直、この曲はそこまで熱度は低くスキップする率高いのですがw、歌詞がまさしくアメリカ行きましたの歌なのでやる意味はあるんじゃないかと。そして化けて欲しい。

Jast a Little Day

やってほしい度 ★★★★ やりそう度 ★★★
単純に生では聞いたことが無くて大好きな曲なので。友人に向けた歌詞だけど、普遍的なことを歌っていると思う。

Sweet Candy Rain

やってほしい度 ★★★★★ やりそう度 ★★★★★
ロビンソン代表曲でしょう。ベスト盤に入っていない感じもらしくて良いw 「スイートベイジルの夜」でやったバージョンも素晴らしかったけど、アメリカ人チームでは正統派ロックサウンドで聴きたいところ。もちろんサビはファルセットじゃない方で。

ノーパン

やってほしい度 ★★★★★ やりそう度 ★★★★★
この曲はロビンソン名義じゃないけど、アメリカ人バンドでのアルバムにおいて一つの高みに達した曲でありながら、彼らをバックには演奏したこと無いわけなので、きっとやると思います。後半の大爆発に期待ですよもちろん。 

こうして振り返ると私Yoshii Lovinsonの好きな曲多い。
Facebookを見るとどうやらあの曲とあの曲は候補に挙がっているようで・・・
レアな曲連発のプレミアムなやつお願いします!

関連記事

月別アーカイブ