NewImage

定期的にスタンリー・キューブリック巨匠の映画を見返したくなるのですが、最近ふと「アイズ・ワイド・シャット」がまた見たいなぁと思っていてiTunes Storeを覗いてみたらいつの間にかこんなものが出ていました。

Warner Bros. - スタンリー・キューブリック・コレクション 

HD版でなんと5,000円ぽっきり。安い!

大体この手のコレクションセットをディスク版で買うと未公開シーンやらインタビューやらが収録されたボーナスディスクにブックレットやら何やらがついて10,000円オーバーがザラなところ、この価格です。(SD画質だと3400円)

ディスクというメディアは正直もうしんどい

最近、音楽や映画でDVDを買い続けるのが家の中のスペース的に正直しんどいことや、ディスクを入れ替えるのも面倒臭い等の理由でDVD/BDよりもポチっと押したら再生が始まるオンデマンド感覚がいいよねという気分なのですが、配信はその意味では理想的です。

配信版映画のデメリットとして字幕/吹き替えをどちらか単体での購入となってしまうというのがあり、例えば「アナと雪の女王」だと字幕も吹き替えも見たいよねということで配信での購入・レンタルをためらってしまうことがあるのですが、キューブリック作品の場合、吹き替えで見ることはあまり考えられないので、字幕一本で十分です。

映画を色んなデバイスで見られるということ

また配信のメリットとしてテレビ、PC、タブレット、スマホ好きなデバイスで見れるというのがあります。(そもそもスマホ・タブレットだとDVDは原則見れない)

でも初めて見る映画をいきなりスマホ・タブレットで見るっていうのは個人的にはあまり無いと思っていて、まずは家の中の一番いいスクリーン・音響であるテレビで見るのが基本かなと思っています。連続ドラマだったらいきなりスマホもあるかなと思います。あれはたくさん見ないといけないし、映画に比べると映像的な見応えが少なかったりしますので。

その点、キューブリックはどうかというと1シーン1シーンの完璧に計算された画と音楽を楽しむという意味ではもちろんテレビで見たいのですが、サントラも素晴らしいので外でPVを見る感覚でちょっとした時間に好きなシーンを見返すのもありかなと思います。

なにせ7本で5000円。1本バラで買うと2000円しますからお得感あります。

さてさてアイズ・ワイド・シャット見よう。
でもやっぱり「時計じかけのオレンジ」が一番好きです。
※このパッケージは18なので念のためご注意を。

関連記事

月別アーカイブ