Pop win4 movie1

無料お試し期間でプレイしているピクミン3ですが、ストーリー、ミッションモードを一通りプレイして最後にビンゴバトル(対戦)モードというものがあったので夫婦でプレイしてみました。

これは人間関係を悪化させかねない危険なゲームでした。

ピクミン3:気軽に対戦!「ビンゴバトル」モード

ルールはシンプルで、同じフィールドの中で青チームと赤チームに分かれて自分のピクミンを従え、画面中央下にあるビンゴマスに書いてあるアイテムを自分のオニヨンまで運んで先に揃えたほうが勝ちというものです。
さくらんぼをオニヨンに運ぶと特殊効果の使えるアイテムをストックすることが出来、好きなタイミングで使用すると相手をワープさせたり雷を落としたり様々な妨害をすることも出来ます。画面分割で相手の状況も見えているため、タイミングを見計らってアイテムを使うと効果的です。

ビンゴのマスにはお互い同じものが並んでいるので当然ながら取り合いになります。ここでピクミンというゲームの特性、「弱肉強食」という自然界の摂理が現れてきます。

数は力。力あるものが獲物を得る。それが自然界の掟。

チャッピーなどの巨大生物は簡単には倒せません。手持ちのピクミンを大量に投入して時間をかけて倒します。その際には何匹かが食べられるなどの犠牲も生じます。
こうしてようやく倒したチャッピーも倒しただけではポイントになりません。これを一定数のピクミンを投じて運んで貰う必要があります。そうしてオニヨンに運びきった際に初めて得点となるのですが、ここでポイントなのが、相手のピクミンよりも多くのピクミンを投入すると横取りして奪うことが出来るということです。

そこで私は何をしたのかというと、妻が苦労してチャッピーを倒し終えるまで遠くで見守り、運び始めるタイミングを見計らって私のピクミンを大量に投入し、チャッピーを奪って自分のものにしましたw

妻はようやく倒し終わったチャッピーの運搬をピクミンたちに任せ、別の場所に移動していたのですが、いつまでたっても帰ってこないピクミン。気が付くと相手のところに運ばれている・・・

そのことに気がついた妻から私に一言、

「あなた、人間性を疑うわ!」

それ以来ピクミンを一緒に対戦してくれなくなりました。

普段の仕事に置き換えて考えてみる

そんなに言わなくてもと思いましたが、以前ピクミンというゲームはディレクター的なゲームだという話をしましたが仕事で言うとどんな状況だろうと考えてみたところ、
「徹夜続きで苦労して制作した納品物を他社に奪われて儲けを奪われた」
・・・なんて酷いこと!!w 

みなさんもピクミンの対戦で人間関係を壊さないようにお気をつけ下さい。

WiiU Pikmin3 13

私は黄ピクミンのようなディレクターになりたい。

関連記事

月別アーカイブ