見ました。
初見の感想は「よくこんな企画通ったなあw」というw
1話30分で短く、それくらいがちょうどいいのだろうけど早く来週のが見たいです。

「ドキュメンタリードラマ」という形式に山田孝之さんの「真面目にやっている」のか「それはひょっとしてギャグで言っているのか?」たまに分からなくなる絶妙な空気感がすごくマッチしていると思いますw

第1話ということで赤羽に辿り着くまでの流れをやっていますが、山下監督とのかけあいからして突っ込みどころ満載。「(山田監督の作品のDVDを渡されて)1本も見てなんだね」や、「(マネージャーが)めっちゃ見てるけど。」のくだりなど吹きました。

そして赤羽漫画原作者の清野とおる先生。
動く実際の清野先生を見たことある人は原作のファンでも殆どいないんじゃないかと思うのですが、 なるほど、ふつうの青年っぽいけど溢れ出る変人臭w

一話から既に赤羽と山田孝之の悪い化学反応を予感させる内容でした。

あと赤羽に去年まで住んでいた経験からひとつ言わせてもらますと、赤羽マンガ「赤羽の書店ではワンピースより売れている」っていう話だけどw 赤羽住んでる人皆知ってるわけではないからねあのマンガw 出てくるお店や人物も清野さんの「変人レーダー」に引っかかった人たちなんで皆知ってるわけではないですw

しかし第2話も楽しみです。

Mainimg

トレードマークのマスク・・・そして謎のポニー。

謎のエンディングテーマ曲。クレジット無表記で伏せられているのですが、噂では歌:山田孝之、曲:吉井和哉 ではないか説。言われてみると確かにそうかも・・・続報を待つ。
あとスチャダラパーのオープニング曲も雰囲気に合っていて良いですね。

声似てるな。たぶん歌ってるのは山田孝之っぽいぞ。となると後は歌・・・うーむ、やっぱり彼しかいないでしょうこの流れでは・・・ブログ見てるとよくわからないレコーディングもしていた気がするし・・・「ここは東京ノースサイド」って歌詞明らかに撮り下ろしだし・・・w

関連記事

月別アーカイブ