スプラトゥーンはFPS/TPSの再発明だ!

|

「完成披露試会」と銘打たれたオンライン体験版が配布され1時間だけという短い時間でしたがプレイすることが出来ました。

これはクソ面白い!そして新しい!

Appleみたいな言い方をすると「FPS/TPSの再発明」なんじゃないかと思いましたので、何が面白いのか書いていきたいと思います。まずは紹介映像をざっとご覧頂ければと。

かつてないほどにシンプルな操作方法

CDWTV6qVAAAk 3r

このキーアサイン。右側の4ボタンのうちなんと2つも余っています。そして最近のゲームでは十字キーの1つずつに別々のアクションが割り当てられていたりもしますが、不使用です。

どうしてこんなにシンプルなのかというとZLトリガーの「イカ」化がポイントになっています。イカになるとインクの中に潜るのですが、そのことで「弾薬のリロード」「泳ぐ(高速移動)」「ステルス(隠れる)」「インクの塗られた壁に登る」といった操作全てをまかなえてしまうのです。これぞアイディア。

このおかげで横で観ていた妻にコントローラーを渡していきなりオンラインプレイをさせてみたのですが、少し横で教えるだけですぐに修得することができて楽しめていました。

初心者から上級者まで戦略の幅が広がる「ブキ」

実際にプレイしてみて感心したのがこの武器のバリエーション。メインの武器には大きく3種類が合って開始前に1つを選ぶことで戦い方が大きく変わってきます。

これは標準的な武器「シューター」。従来のFPS/TPSでいうところのアサルトライフルのようなオールラウンドに戦える武器です。このゲームでの目的は「インクを塗って自分たちの陣地を広げること」ですが、敵に当てることで倒してしばらく行動不能にすることも出来ます。初心者から上級者まで扱えそうです。

面白かったのがこの武器。ローラーで地面をいっきに塗っていくことが出来ます。近くの距離へインクを飛ばすことでも出来ますが隙は大きめ。しかし距離を詰めてしまえば轢き潰すように倒してしまうことも出来ます。

これ、歩くだけでエイム(標準合わせ)が要らず、かなり効率よく塗っていくことが出来ます。敵にも後ろからこっそり近づいてなぎ倒したりするとかなり爽快。従来のTPSでいうところのショットガンに近い武器です。妻はこれで敵のいないところにインクを塗りたくりチームに貢献していました。初心者でも扱いやすい武器です。

ローラー最強かと思いきやこのような武器もあります。溜め時間が必要ですが遠くまで一気にインクを飛ばせるスナイパーライフルのような武器です。1直線にインクが塗りつぶせるので一気に塗れるという効果もあり、ローラーのような遠くまで飛ばせない武器の人を狙い撃って倒すことができます。
インクは重力で放物線を描くので、チャージャーを持って高台に立つと結構優位に立てます。そのかわり、この武器にはレーザーサイトのようにエイムしているところが線で相手に見えるようになっています。そのため他者に存在を察知されやすいという弱みもあります。またこのゲームの目的はあくまでインクの面積を増やすこと。従来のTPSでは「芋砂」などと揶揄される隠れてスナイプしてキル数を稼ぐといったスタイルではあまりチームに貢献できません。

このように各武器で一長一短、初心者も上級者もそれぞれが等しくチームに貢献できる作りになっているのがよいです。

一つ一つのアクションが気持ちいい

街中にインクをぶちまけるという行為、インクの中をすいすいと泳ぐ、ロケット噴射のように前線へ一気に飛ぶという行為の一つ一つに本能的な爽快感があります。また、従来のFPS/TPSがもつ敵を撃ち倒す闘争的な興奮も十分にあります。
さらにコアゲーマー同士の争いの中にインクを塗ったら勝ちというルールによって初心者も一緒に遊べ、チームに貢献できるような仕組みなっているということが素晴らしいです。

かわいいキャラのカスタマイズとポップな音楽・世界観

体験版では遊べなかったのですがキャラクターの装備も豊富でストリートファッションテイストのギアを付け替えてカスタマイズができます。音楽も格好いいです。

Splatoon(スプラトゥーン)

また、1人用のオフラインモードや、よりガチなTPSゲーマー向けのルールの「ガチバトル」、マッチング中にゲームパッドでファミコン風のミニゲームが遊べるなどw 隙のない作りこみを感じます。発売後のフリーアップデートもあるようです。発売がほんとうに楽しみです。

あとはWiiUのユーザーがもっと増えて盛り上がってくれたらいいなぁ。フレンド募集。

関連記事

月別アーカイブ