News header theyellowmonkey art201604

なんだか大ゴトになってきておりまして、

TOUR2016 SPECIAL SITE | THE YELLOW MONKEY | ザ・イエロー・モンキー オフィシャルサイト

「みんなで再集結1曲目を予想してね」という企画なのですが、「著名人たちの予想コメント」なんかも出てきて、さらに「1曲目だけ各メディアで生中継!」ということになり、仕掛けてきている感が半端ないです。

せっかくなので、私自身もいろいろ予想してみたいと思います。

大本命:新曲 ALRIGHT

ふつうに考えるとまずこれですね。新曲。歌詞の内容がもう再始動の決意表明みたいな内容だしサウンドもイントロからイエローモンキーど真ん中 in 2016って感じで文句なしです。

でも旧ファンはやっぱり:Romantist Taste

これ。コアなファンが1曲目で聴きたいものの大本命といったらこれになりますよね。アニーのドラムからぶちアガり、みんなで敬礼ワイパーかましたいところ。でもこの曲、最近の吉井ソロの武道館などで聞いたりしていて今思うとあれやんなくてよかったんじゃね?と思ったりw

無難に考えるとこの2つかなー、という気がしますが、他にも

休止前、最後のシングル「プライマル。」

この曲はライブで唯一演奏されたことがない、最後にリリースされた曲。これをライブでいつか聴くというのはファンにとっての悲願であります。聞けたら嬉しい。でも内容は卒業・お別れの曲っていうのがちょっとアレなんだけど。

もうちょっとヒネったところを考えると、

ベスト盤1曲目から「NAI」

特設サイトでリリー・フランキーさんも予想していて「おぉっ」と思いましたが、この曲はロビンが「ベスト盤をいつか作る時はNAIを1曲目にして作りたい」とメンバーと相談していて、実際にリリースされたベスト盤の1曲目。こうゆうしっとりした曲を聴かせるのもイエローモンキーらしさがあります。2曲目でSparkで一気に上げていくというね。

活動休止前最後に演奏された「Welcome to my doghouse」

ウェルカーム!というロビンの雄叫びとともにこの曲が演奏されたらファンは穴という穴から汁が(ry でもこの曲を1曲目に持ってくるのはセットリスト的にもったいない感じもあり。

もうちょっとよく考えてみる

今回、わざわざ1曲目を大々的に生中継するという発表がありました。おそらく翌日のめざましテレビやらzipやらでも紹介されてっていう流れを考えると・・・「メジャーな曲がくる」んじゃないかという気がします。誰もが知っている代表曲。めざニューのキャスターもワイプでリアクションしやすいような曲!w

例えばさくらももこさんなどが「LOVE LOVE SHOW」を挙げているけど、これはちょっと違うかな。あの曲は車で言えば、5速、6速にギアが入った時の曲。ライブの一曲目にはアッパーすぎるんです。

ということで、ここは一つ私がズバリ予想しましょう・・・・

「Burn」が来る!

どうだ。1曲目にふさわしいこのイントロ。これぞイエローモンキー。誰もが知ってる代表曲。

最近、氣志團万博で「ROLLY&HEESEY with 吉井和哉」っていうユニットでイエローモンキーの曲をいきなりBurnから始めたという前例もあります。あれでロビンも「これアリだな」と思った可能性もあるw

ハードル上げすぎ問題?

しかしこのような企画どうかと思うのは「ハードル上げ過ぎちゃう」問題もあるなぁ、と。
昔、某邦楽ガレージバンドの某某7188っていうバンドのライブで1曲目予想っていうのがあり、それを見に行ったことがあるんです。その時、「普通に考えたらアレだけど、意表をついてアレかな?」とか予想をしながら臨んだら、普通に新アルバムの1曲目から始まったっていうw 何のための企画だったんだw って思っちゃったんですよね。

だから意表を突かないで普通の曲が来るような気もするんで、あまり期待せず・・・いや期待しない訳にはいかない、というかなにが来ても嬉しいと思う。「人類最後の日」とかじゃなければ。

関連記事

月別アーカイブ

タグクラウド