Camera lens large

出ましたね色々。個人的には近年のうちでは中々ソソられる内容の多い発表でした。

iPhone 7

カメラにかなりそそられます。F値1.8というのはかなり明るい。明るいと何がいいかというとパーティ的な夜のシーンでもフラッシュをたかずに明るく撮れる。ブレずに撮れる。そして背景ボケも得やすい。

そんでもってPlusでは何とレンズが2つ。これは驚いた。通常レンズというのはズーム機能をつけると作りがでかくなり、明るさを稼ぐのが難しくなる。単焦点レンズというのはズームが出来ない代わりにF値を稼げる。ならば単焦点レンズを2つ並べちゃえばいいじゃないという発想。それならばiPhoneの薄いボディで明るいレンズでズームもできちゃう。

さらにレンズが2つあるというのは目が2つあるということ。2つあるとモノを立体的に捉えられる。それによる新しい機能が被写体の距離を計測して背景ボケ効果を後から加えられるらしい。ほえぇ。今までInstagramなどでお馴染みのティルトシフト効果で擬似的に後ろのほうをボカしてる感じを出したりしていたがどうしてもあれは嘘っぽいボケが出来てしまったのがポートレートの輪郭はそのままに背景部分だけきれいにボケてくれるのかもしれません。

でも2眼はPlusだけらしい。うーん・・・そのためにでかい方買うかどうか。個人的には小さい方が好き。小さい方でもデカすぎると思っているくらいなので。

2眼ということは将来的に3D写真が撮れるんじゃ・・・分かった7sの目玉機能として「3D Photo」を搭載する気だな。画面を傾けたりフリックしたりすると被写体をちょっと斜めから見れたりするんだきっと。

そしてそして「光学手ブレ補正」待望! 動画撮影の大敵は手ブレ。三脚使って、台車使ってドリー撮影できればいいけれどそうゆうわけにもいかない。ステディカムのようにヌルヌル動きながら撮りたい。でも最近はソフトウェア処理でかなりヌルヌル動画が撮れるようになってきた。でも揺れた分をクロップしてしまうのでどうしても画質は落ちる。そこにこの光学手ブレ補正ですよ。果たしてどれくらい効くのかはわからないけども、無いよりはマシ。かなりマシ。

AirPodどうなん

Battery large

うーん。大方予想通りの商品が出てきたわけだけど、やっぱりそのお値段に価値を見いだせるかどうか。イヤホンってやっぱり音質次第だと思っていて、従来のEarPodsに毛が生えた程度の音質だとしたらちょっと厳しいなという気がしています。私は今ノイズキャンセリングでカナル型のソニー製イヤホンを数千円台で購入して愛用しているのですが、外では音質というかノイズキャンセリングによって音がはっきりと聴こえる恩恵が大きいのです。AirPodsには音楽を聴くためのノイズキャンセリングは無いようなので(通話用はあるっぽい)そうなると厳しいのかもなぁ・・・という感じ。

Apple Wach、買うなら今じゃね?

Come run large

2年ぶりにApple Watchがアップデートされました。元々スマートウォッチというものに興味はありましたが初代ではGPSが非搭載という致命的な残念感があったりしてスルーしてましたが、今回はとても良くなったんじゃないでしょうか。Apple製品の2代目は名機という法則があると思っていて、iPadも2代目を購入して我が家では未だに現役だったりする(流石に使わなくなってきたけど)。というか今回のモデル買わなかったらもう買うことはないんじゃないかというくらいの。だってバッテリとか処理速度がちょっとずつ良くなってもねぇ、という感じだし防水性能もダイバーズウォッチほどの防水は個人的にはいらないし。ホントは電子ペーパーを使ってくれれば飛躍的にバッテリ持続時間が伸びると思うけどAppleは死んでもやらなそうな気がするし。

以前から買うならステンレスかと思っていましたがナイキモデルもいいですね。運動をメインに舵を切ってきた感がありますが、どうせなら水泳しながら使ってみたいという気もするしそうなると革バンドよりも先にウレタンだろとなり、ナイキの穴あきバンド気になるよね、という感じ。

白いセラミックモデルも出てほほぅと思ったけど凄く高いのね。むしろプラスチックとかにしてチープなモデル出したほうが若者に売れそうな気がするんだけどなぁ。iPhone 3Gのころはプラスチックモデルあったのにね。

ということでAppleWatchは買い時感を強く感じています。

あと、マリオ。まさか宮本茂さんがAppleの壇上で日本語でプレゼンする日が来るなんて。ゲーム自体は面白いのかまだよくわからないけど。

関連記事

月別アーカイブ

タグクラウド

最近のブログ記事