Hdr nintendo switch 720x340 720x340

ついに詳細が発表されました。
これまでにリーク、予想されてきた情報と大きく相違ない形でしたが、なるほどなーという感じです。 

全体としての感想は「手堅くまとまったハードだな」ということ。
Wii、WiiU、DS、3DSと昨今の任天堂では他のゲームハードにはない変化球の遊び方を提示して来ましたが、今回のハードはそれらの変化球の延長線上で包括的にまとめ上げたという感じで今までのハードの「いびつさ」は無く、スマートな印象を受けます。 

携帯機と据え置き機がSWITCHする

Img03

ぱっと見、ゲームパッドの進化版という印象を受けますが、WiiUの場合、本体は別にありゲームパッドは「ディスプレイつきコントローラ」だったのでゲームパッドを家の外に持ち出しても何もできなかったのですが、SWITCHではゲームパッド側が本体(3DSとかPSVITAとかの携帯機と一緒)なので、

Img02

ドックから取り出せばそのまま外に持ち出せてしまいます。

WiiUよりもハイスペックであろうゲームが外に持ちたせてしまうなんて。バッテリの持ちとディスプレイの解像度がどれほどか気がかりですけども。

コントローラをSWITCHする

Img04

任天堂ゲーム機の歴史はコントローラの歴史といえるほど毎回何かしらユニークな特徴を持っていますが、今回のコントローラは取り外しが出来ると。

アタッチメントにつければ本体と独立したコントローラになり、本体の両サイドにつければそのまま携帯機となりますが、外で本体をスタンドで立てて、両方のコントローラを片手ずつ持つことでWiiのヌンチャクスタイル的にも遊べます。

Img05

さらに片方を横に持てば2つの独立したミニコントローラとして使える! オフラインでの多人数プレイを重視してきた任天堂らしさを感じます。サイズが小さいのとスティック・ボタンの位置がLコンとRコンでズレているところが若干気になりますが、Wiiリモコンの横持ちでそこそこ遊べていたことを考えれば十分遊べるのかな。それにしてもこの図、2台のゲームが無線でつながり、4つのコントローラが無線でつながり無線しまくりですが、どこまで行けるのでしょう。今までの携帯ゲーム機のアドホックスタイルでSWITCHを4台持ち寄り×2コンで8人同時プレイとか・・・

CvPCBHOVYAApVqv

これは想像図ですが、このように別のコントローラを差し替えてプレイも実現できそうです。特殊コン専用ゲームは売りにくいため、スマブラのようにオプション的に選択できるものが主流になるかと。
また、むしろコントローラをつけずに縦に持てばデカいスマホもしくはタブレットのように見えなくもありません。任天堂のスマホゲーム展開がこれから本格化していくでしょうし、それらとの連動、またサードのスマホゲーがSWITCHへの移植・連動というのも期待できそうです。
※このディスプレイがタッチパネル搭載か、感圧式か静電式かなどは現時点で不明

WiiUの2画面同時使用プレイはなくなっちゃう?

と、ここまで見ていてふと気がついたのですが、WiiUではテレビにメインの情報を出しながら、ゲームパッドに別の情報を出してプレイするというゲーム性が新機軸だったのですが、このハードの構成ではそれは実現しないっぽい?
しかしWiiUで実際に2画面を活用したゲームというのはあまり多くなく、ゲームパッド単体でごろ寝プレイが出来ることの方が重宝されていました。そしてゲームパッド単体で遊べる機能と2画面同時使用プレイっていうのは相反する特徴で、基本的にはどちらかを実現するとどちらかが出来なくなってしまうので、今回は前者を進化させたというところかと。

で、どうゆう使われ方に落ち着くのか 

今までの任天堂ハードの傾向からして、ユニークなアイディアというのはキャッチにはなるのですが、Wiiでリモコンを振り回すゲームはどれだけ出たか、WiiUで2画面フル活用するゲームがどれだけでたかを振り返ると、最終的には保守的な使われ方に落ち着いています。

ではSWITCHはどうゆうところに落ち着くのか考えてみると、外で2つコントローラをつかって遊ぶスタイルは言うほど使われないんじゃないかと思います。一番は外で携帯機として遊んで家で画面に映して遊ぶスタイル。どうぶつの森なんかはそのプレイスタイルによくハマりそうです。移動中も遊べるし、ソファでくつろいでもベッドに横になってもテレビの前でもフルスペックなゲームが遊べてしまうというところの快適さが一番のメリットなのかなと。

スプラトゥーン2が外で遊べるとしても外でオンライン対戦をガンガンできるとは通信環境的に考えにくい現状ですが、SWITCHを持ち寄って対面でプレイするスプラトゥーンは凄くやってみたい。(でも実はスプラトゥーンには2画面要素があるんだよね、そこは切り落とすか別のアイディアが必要になるけどきっとあのチームはいいものを作ってくれる確信)
持ち寄る同時プレイといえばモンハンだけど、モンハンにはかつて無い最適ハードかも(モンハン持ち専用コントローラ別売でw)。

いままでの「携帯ゲーム機」はなくなっちゃう?

もう一つ気になったのが任天堂がメインターゲットとしてきた「子どもたち」がPVに映っていなかったこと。そしてこのハードは携帯ゲーム機にもなるけど、今まで3DSなどを遊んできたキッズたちがこれを持つようになるのか?というのには若干の疑問があります。コスト的には結構お高い作りをしているようだし、本体にも中身がぎっちり詰まってそうでキッズがぶん投げても大丈夫な作りというよりは、もうちょっとお兄さんが持つハードな気がします。おそらく一家に1台以上買うお家は少ないのではないかという気がするし。
そうなると3dsは継続?もしくは4DSみたいな別ハードが出る?それともそっちはスマホで補完?でもキッズが携帯を持つ?

しかし任天堂の制作リソースが携帯と据え置きで分かれていたのが1本に統合されてフルパワーの作品が今まで以上に出てくるとなったらうれしいことです。

色々と想像はつきませんが、楽しみなハードです。まず子供を持つ父としては「ご家庭で買えるハード」っていうのが大きい。PSVRはすごくやりたいけど、小さい子供がいるとあれを買うのはなかなか厳しいので・・・

関連記事

月別アーカイブ

タグクラウド