WVW69jwF1uINi4nAxo

突然だがワールドを新たに作ることにした。
1からやり直すのか?というとそうではない。テラリアはキャラクターとワールドが別々になっており、1つのキャラで複数のワールドを行き来できるのだ。しかもそのキャラクターが持っている持ち物はそのまま持っていける。新しいワールドにおいては「強くてニューゲーム」状態になれるのだ。

しかし今まで進んできたワールドがまだまだ未開拓なのになぜわざわざ新しい世界を作ったかというと、テラリアには「狭い・ふつう・広い」のワールドの大きさがある。

はじめに作るとき、サイズをどうするかを聞かれて「こんなの広ければ広いほどよいはず。勿論最大!」と思って作ったのだが、あとから調べると「広い」はマルチプレイ向きの広さであり、狭い方が素材やエリアが密集していてかつ、充分な広さもあるので初めての人はこちらがオススメ。と書かれていて、しばらく進めてから「それ早く言ってよ~」状態になったのである。

もちろん今のエリアでも充分楽しめているのだが、素材が手に入りやすいというのはとても魅力的に感じたので作ってみることにした。

WVW69jwF4 weoUD1IL

2つ目の世界は操作の勝手知ったるところで、必要なツールも揃っているので初めてとは比較にならないくらいサクサクと家を作る。もはやサバイバルの達人感がある。

元々のワールド(マハラダワールド)から新ワールド(エイト)へアイテムを持ってくれば拠点内の設備もすぐに集めることが出来た。

さっそく近場のエリアを探索してみる。 

すると左側にはジャングル、右側には雪原、そして左の先にはじゃあくな土地を発見した。前のエリアにも同様のがあったが、移動には凄く時間がかかった。このコンパクトさ、便利だ。思えばWiiUマイクラはPC版にくらべてエリアが狭いのが残念だと思っていたが、あれはあれで遊びやすくてよかったのかもしれない。

WVW69jwGC YXWN9wmv

さっそくジャングルを進んでいくとさっそく「鉄かな?銀かな?」という鉱石を見つけたので掘ってみると、「ぷ、プラチナ!?」となった。以前のワールドではまだ見つけていなかった鉱石がいきなり出てきたのである。しかも次々と。

せまいワールド、ええな・・・

WVW69jwGDKQH5z5l7N

さらにさらに、「タングステン!?」これも見たことがない。よくわからなかったのでググってみると、タングステンとプラチナはワールドによって生成されたりしなかったりするらしい。

タングステン or 銀
プラチナ or 金

このどちらかがワールドに生成されるらしい。マハラダワールドでは銀と金だった。この世界ではタングステンとプラチナらしい。なるほど、そのことでさらにワールドを行き来する価値が生まれるわけだ。 

金よりもプラチナの方が若干価値が高く装備も強いらしい。タングステンとプラチナと鉄と見た目が区別つきづらいのがデメリットかもしれない。

WVW69jwGDaUGk12wJo

そして青く光る鉱石? これは邪悪な土地にあるデモナイト鉱石だ。このジャングルの隣がじゃあくな土地のため採掘できるようだ。邪悪な土地を上から降りるのは大変なのでこれはよい。これもせまいワールドのおかげかもしれない。

WVW69jwGEnk0ExdVlT

さらに地下ジャングルを進むと小さな社のようなものを発見した。周りは金のブロックで出来ている。

とりあえず、せまいワールド、鉱石ざっくざくでめっちゃ楽しい!

関連記事

月別アーカイブ

タグクラウド