UNADJUSTEDNONRAW thumb 1aaf3

バンドでドラムをやっていると、ギターの人たちはギターの買い替えはもちろんエフェクターだ何だと色々とエキップメント的な楽しみがあって、私のようなマイスネアすら持っていない日曜ドラマーにはスティックにこだわるくらいしか見た目的な楽しみはなかったりするのですが、ちょっと気分転換にと思い、テープを巻いてみることにしました。

楽器モノガタリ

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1aae4

今回巻きつけるスティックはこちら、The Yellow Monkeyのアニーさんのシグネチャーモデルです。この方もテーピングしてライブしていることがよくあるので真似してみます。テーピングの品名までは特定できていませんが、きっともっといいのを使ってると思います。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1aae0

テープは両面に保護フィルムがついているのでまずはそれを剥がします。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1aae1

くっつけるための粘着テープが端っこにちょこっとだけついています。逆に言うと他の部分に粘着性はなく、ゴムの抵抗によって巻きつける感じです。なので角度を失敗しても巻き直せます。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1aae2

粘着テープのついているところを角丸なスティックの先端を残してくっつけます。斜めにカットされているためその部分がスティックに対して垂直になるようにつけます。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1aae5

あとはスティックにそってぐるぐる巻いていきます。重ね具合は好みで調整します。浅めに重ねれば長く伸びますが、滑り止めという機能性を考えると重なる部分とそうでない部分で凸凹がしっかりと出来たほうがよいですね。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1aae9

こんな具合です。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1aaed

2本分長さを揃えないとちょっと格好悪いのでそこだけは慎重に。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1aaf0

末端には付属のテープを巻いて完成です。このテープはホントのテープって感じなのでもうちょっと質感のいいやつにすれば良かったかもなと思いつつ、

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1aaf2

まぁいい感じかな。何より滑り止めとしての実用性があります。長時間のプレイで手汗をかく方、そう私のようなタイプには助かります。しっかり滑りどめが効くので巻かないときよりも余計な力を加えずに柔らかく握れそうです。マメが出来たりする箇所にも負担が和らぐんじゃないかと。

あとやっぱり見た目。私の中では勇者の剣とかトランクスの剣の柄の部分。わかります?わかりますよね。

関連記事

月別アーカイブ

タグクラウド