Iphonese gallery1 2016

格安SIMへの乗り換えを急速に検討し始めた我が家ですが(格安SIM、MVNOの概要については前回の記事参照)

そんな中、妻がさっそく動きました。妻は私よりも圧倒的に携帯に触れる時間が短く、最新機種を使いたいというモチベーションも少ないため、iPhone 5(au)という、私からしたら信じられないほど古い機種を使っておりそれでも「まだまだ行ける」と言っておりました。
そんなスマホに興味の薄い妻ですが、月々の携帯代が半分以下になるというならば話は別です。「なにそれ、早速契約しよう」ということで検討を始めたのですが、妻の使っているauのiPhone 5という機種が少々厄介で、格安SIMに乗り換えてしまうとちょっと前によくCMをやっていた「プラチナバンド」という帯域が使えなくなり、スピードが著しく落ちるらしいのです。
UQ mobileの評価と他の格安SIMとの比較と評判の詳細

新しいiPhoneをAppleで買って移行する

しかしそれで諦めるわけではなく、新しい機種を買いつつの格安SIMへ移行を検討します。妻は最新機種へのモチベは低いですが、できればiPhoneを使い続けたいと考えており、そんな人に選択肢のひとつになるのが「iPhone SE」です。これは現行のiPhoneラインナップでは一番廉価で、ベースはiPhone 5ながらCPUが6sと同等に引き上げられています。またローズゴールドが新色で追加されているということで女子的にも刺さるものがあったため、これを新品で購入することにしました。

別の選択肢としては、最近GEOとかソフマップとかそこらで中古のスマホがたくさん売られており、そこでiPhoneの旧機種を安く買うというのも手ではあったのですが、バッテリの持ちとか色々不安なことも多いので新品を選びました。

Appleのオンラインストアで49,800円を24回払い利子0%で購入できるため、月々2,200円になります。家計的に無利子ローンは助かります。

iPhone SEを購入 - Apple(日本)

で、いくらお得になるのか

現在の妻の携帯代が月々約6500円(機種代はとっくに完済)。

格安SIM、どこに乗り換えるかはまだ決めていないですが、約1700円〜2000円くらいになるとして(妻は通信料が少ないのでもうちょっと削れるかも)、携帯本体の支払いを入れても月々4500円程度になるため、2000円くらいはお得になります。

しかし、auを解約月以外に解約すると解約手数料が9500円かかり、更に新規に格安SIMを契約するときに3000円の手数料が取られ、12500円余計に掛かります。

このマイナスを月々の差額でペイするには約6ヶ月かかることになりますが、それ以降はずっとお得という計算です。

おそらく妻の携帯利用ペースだと3年は確実にこの機種で粘るでしょうから向こう3年で6万円ほどお得になるという計算になります。

あとは格安SIMに乗り換えたことで通信速度の制限がかかったりする不便さとのトレードオフとなってきますが、妻の場合、そんなに外でばりばり使わないのでそんなに問題にならない気がします。

とここまで書きましたが、格安SIMの先輩方、なにか間違いがあったらアドバイスお願い致します・・・

次は私の格安SIM移行プランです。私の方が月額が高く、機種代の残債もあります。さてさてどうしたものか

関連記事

月別アーカイブ

タグクラウド