P1240491

以前から愛用していたコスパ抜群のSony Bluetoothノイズキャンセリングのカナル型イヤホンですが、ワイヤーが断線仕掛けてボロボロになってしまったため、買い換えることにしました。
YouTuberの瀬戸弘司さんらも購入しているBeats Xです。

BeatsXイヤフォン - ホワイト - Apple(日本)

個人的なイヤホンの選考基準。

  • そこまでガチな音質はいらない
  • けどちょっとはいい音にしたい
  • 遮音性大事。ノイズキャンセリングを使ったから元に戻れない。
  • 通話もできたらいいな。Siriも使えたらいいな
  • ワイヤレス絶対。リュックを使い始めたら余計にワイヤーが邪魔くさい。
  • 見せてもらおうか。W1チップの実力とやらを。

遮音性の意味で「うどん」ことAirPodsは候補に入れづらかったです。ソニーにあったノイズキャンセリングはなくなってしまいましたが、遮音性という意味ではこちらも充分かなと。

P1240492

開封。一本のワイヤーでつながっていますが、場所により太さや質感が異なります。首にかかる部分が太めのワイヤーで硬めになっているので、首周りにしっかりホールドされます。両サイド中ほどにスイッチ類のある太めの箇所があり、そこから柔らかく細めのケーブルが伸びています。平打ち麺タイプです。

P1240493

ちまたでよく見かける b のロゴがバッチリ。

P1240494

リモコン。機能的にはiPhoneについてるアレと同じですね。両端のボタンで音量、真ん中1回で再生/停止。2回押しで次に送る。長押しでSiriさんを呼ぶ。AirPodsはほとんど声で指示したりしないといけないから電車では無理ゲー感ありますが、やっぱりリモコンは欲しい。

Siriは意識的に使っていかないと忘れがちなのですが、

「今日の天気は?」
「1365÷4は?」
「明日の予定は?」
「Wi-Fiオフにして」 

とか聞いてみると便利だったりします。ソニーのやつはマイクなしだったためこれからは積極的に使っていきたいところ。通話できるのもうれしいです。

P1240495

こちらにはLightningの充電用端子があります。防水機能がないのですが、その分端子周りはスッキリしていて個人的には◯です。ソニーのはUSBだったのでiPhone使いとしてはLightningに統一されるのは嬉しい。

P1240496

逆サイドには電源ボタン。Lightningの端子と同じ位置、同じ形で電源ボタンが配されているあたりにデザイン的なこだわりを感じます。

P1240497

そしてイヤホン部分はマグネットで吸着します。これによりポケットで絡まるのを防ぐとともに、

P1240498

首にかけると自然にまとまってくれます。

P1240501

装着。このワイヤーの長さは襟の外側に巻いたり、上着の外に巻いたりしてもちょうどいい長さ。太めのワイヤーの両端のスイッチ部が若干のオモリになって首にホールドされるので良く考えられた形だと思います。

P1240502

そして噂のスマートなペアリング。電源を入れるだけで認識してくれてタップしたら使用開始。確かに楽ちんですが、Bluetoothのペアリングって1回やるだけだからそんなに苦ではないんですけどね・・・

P1240503

そしてバッテリ残量も出てくれる。これはうれしい。

P1240504

アクセサリは耳栓の大きさが3種類と耳掛けフックが付属。耳掛けは使わないかなぁ。

P1240505

充電用の短いLightningケーブルとケース。

P1240509

このシリコンケース、収納しづらそうな感じもあり・・・使わないかも。

P1240510

Wiチップの効果でバッテリ持続は8時間となかなかの長時間。そしてFast Fuel機能なるもので2分充電すれば2時間も使える! うっかり充電を忘れたときとかでもちょっと充電すれば帰りまで持ちそうです。

そして肝心のサウンドですが、以前のソニーのやつに比べるとハイハットがくっきりきれいに聴こえていい感じ。特別低音が強い味付けというわけでもないですが、遮音性と相まってディテールのよく聞こえるなかなかの音質ではないでしょうか。

関連記事

月別アーカイブ

タグクラウド