P1310376

Amazonでタイムセールを開催していて物色していたら、気になっていたロボット掃除機がお安くなっていたので購入しました。そうです今回もAnkerです。ルンバはちょっとお高いので・・・

定価34800円のところタイムセールで27480円だったので結構お得だったんじゃないかと。

P1310377

開封。

P1310378

本体どん。ガラストップで質感はお値段の割にはいい感じ。指紋やホコリが目立ちそうなのできれいにして使いたいところ。白もアリだったな。

P1310379

リモコンが付属。しかしこのモデルはAnkerで初のWi-Fi対応モデルなので、

P1310385

スマホアプリから操作ができる! 家の中ではもちろん、外出先から掃除の命令を送ることができるので帰ったらキレイになってるが実現できます。あとは曜日と時間の指定で掃除時間をスケジュールすることができます。

P1310383

ブラシは両サイドについているタイプ。タイヤの高さはそこそこ可動するのでそれなりの厚みのカーペットなども乗り越えて掃除してくれます。

PowerIQという機能で汚れているところなどを検知して強めに掃除したりしてくれます。カーペットをしっかり掃除してくれるのは嬉しいですね。

P1310380

充電スタンド。

P1310386

コンセントに伸びるコードが見栄えがちょっとあれなのでピアノの下に置いてみた。自分で充電の場所に戻ってくれるのが楽ちん。

P1310388

ダストケースは充電状態のまま片手ではずせてフィルターを外せばまるごと水洗いも可能なのもポイント高い。

ルンバだと部屋の空間をマッピングしながら無駄なく掃除してくれるのに対し、こちらはランダムに走り回る方式なので、ちょっと障害物に引っかかると同じ場所をぐるぐるループしてたりすることがありますが、バッテリーがお得意のAnkerらしく100分間のパワフル稼働でお部屋中を掃除してくれます。実家の一軒家にもロボット掃除機があるのですが、フラットなマンションのお部屋とロボット掃除機の相性は抜群ですね。

P1310387

先代というかこちらは拭き掃除ロボットのブラーバちゃん。ブラーバは押し入れから出して起動させる一手間がありますが、水拭きでピカピカにしてくれるのはルンバ系ロボットにはない魅力です。併用していけば常に地面はピカピカに保ってくれるんじゃないないでしょうか。ロボットたちが掃除しきれない場所はマキタのコードレスでサクッと吸い取っていきたいと思います。

使った多くの人が言うことですが、ロボット掃除機を使うことで人間は床に置いたものを片付けることになって結果きれいになるというのがメリットですね。

残念なのはWi-Fi対応なのに現状、Google Home に未対応というところ。アプリで実行できるからほぼ支障ないのですが、せっかくなので「オッケーグーグル掃除機をつけて」で実行させたいところ。今後のアプデに期待。

関連記事

月別アーカイブ

タグクラウド