P1310568

有機ELテレビがすごいっていう話をしていきたいのですが、今回はサウンドについてです。が、有機ELとサウンドって仕組み的には全く関係ない話で、これは普通に最近のテレビのサウンドはすごいぞっていう話になりますw

スピーカーって基本的にでかいほどいい音がするもので、ホームシアターシステムなんかになると両サイドとフロントに独立したスピーカー、横にでかいウーファーがあり、背面にもなんていう世界になるのですが、我が家では以前、いわゆる「サウンドバー」というようなタイプのソニーがプレステ向けに出したやつを使っていました。

これはでかいウーファーががなくコンパクトなタイプながら、マンションに住む自分には十分に迫力のある音質で満足していたのですが、そこで今回のテレビはどうなのかという話になります。

P1310596

はぁ、画面キレイ・・・っていうのは前の記事で書いたのでよいとして、なんか音も、いいぞ・・・!

というかフロントには画面しか見えず、スピーカーの穴的なものがこっちに向いているようには見えないのですが、

P1310569

スタンドとシンプルに一体化したスリットがあり、どうもここから音が出ているっぽい・・・
先代のレグザにももちろん内臓のスピーカーがついていましたが、お世辞にもいい音がするとは言い難く、一応ちゃんと聞こえますレベルのものだったのですが、薄型のテレビからそんないい音を期待するわけもなく、ちゃんと聞くならスピーカーシステムをつけようねという世界でした。
しかし今回のテレビは・・・まともに鳴る! 低音もそこそこ響く! どうなってんのこれ・・・

こちらのLGのテレビではドルビーアトモスという規格に対応しており、難しいことはよくわからないのですが、天井や壁に音を反射させて立体音響を作る技術らしいです。このテレビではどちらかというと下に向けてスピーカーが設置されており、反射を利用して音を響かせているような感じみたいです。

テレビ本体も見た目に反して下の方はぎっちり重たいのでそれなりに低音が出せるような仕組みになっていると思われます。

ライブ映像を見てみたところ音に空間が感じられてディテールもよく聞き取れたし、ベースの音もそこそこちゃんと聞こえるのでこれならもうサウンドバーいらないかなということで外してしまうことにしました。テレビの前になにもないとスッキリして掃除も楽です。

これは我が家で望むスペックとして十分という話なのですが、本格的に聴きたければLGのサウンドバーを別途導入することでドルビーアトモスのガチのサラウンドシステムが構築できるようです。流石に映画の場面によって音が後ろから飛んできたりみたいな風には聞こえないのでそこまで望む方は別途導入しましょう。

P1310575

そしてBluetoothスピーカーとしても使える機能があり、スマホからテレビに音を飛ばすことができます。これでリビングでくつろぎながら音楽を聞くのには十分。

P1310579

さらにこのテレビ自体にアプリを追加することができ、Spotifyなどはスマホを使わずテレビ単体でリモコン操作で聞けてしまったりする。もはやテレビを超えた何かに進化している・・・

次回はそんなアプリとかVODとかUIとかの話を。

関連記事

月別アーカイブ

タグクラウド