P1320342

平日のお昼代、毎食外で食べていると無意識に無駄遣いをしてしまっていたので、お弁当生活のほうがいいですよねということで、以前テレビで見て気になっていた「縦にしても中身がもれない弁当箱」その名も「フードマン」を購入しました。ワークマンみたいな名前。

P1320344

四方が4点留めでがっちりロック。

P1320345

中は各部屋が完全に仕切られており(一番大きい部屋に差し込む仕切り付属)内側は食材が引き立つ白色。

P1320346

密閉度を高めるパッキンは蓋と一体成型になっており、洗いやすい構造になっています。我が家ではまるごとぽいっと食洗機へ。

閉める時に各部屋をパッキンでしっかり密封するという仕組みです。が、多少コツがありしっかり留まらない状態で運んでしまうと漏れることもあるようで過信は禁物です。そもそも普通のお弁当にそんな汁気ないだろという話もありますが。

P1320348

合わせて購入したのがフードマン専用箸。

P1320351

といってもサイズが合っているというだけで特別な特徴があるわけではない。

嬉しいのは木箸ながら食洗機対応であるということ。木の食器は基本的に食洗機に入れてしまうと塗装が剥がれてボロボロになってしまったりするのですが、こちらはその心配がなさそうです。個人的にプラスチックの箸よりも木の箸の方がおいしく食べれる気がしているのでありがたい。

P1320352

そしてフードマン専用ケース、というのも売っていたのですが、こちらは100均で別途購入しました。弁当箱とは思えないほどの薄型。最悪漏れたらこのケースで汁気を受け止めてくれればいいかなくらいのつもりで。

P1320354

そして昨今増えてきたリュックサックに縦に投入。持ち運び安くてありがたいです。縦に入れると中のご飯が多少寄ったりしてしまいますが、そんなに問題にはならないレベル。

ノートPCとお弁当、全部リュックに入ればどこに行っても仕事できる気がしてきますね。

関連記事

月別アーカイブ

タグクラウド