私が料理にハマりだしたきっかけになったのがこちらの動画。

撮影しているRopiaさんはイタリアンのお店をやっているシェフですが、その方がイタリアンの巨匠のシェフに取材に行ってボンゴレビアンコの作り方を教わっている動画です。

実際のものを食べたわけではないので実際の味はわからないのですが、やっていることはシンプルで食材も家庭で用意できるもの(ただしアサリはかなり立派なものを使っていますが、ここまでのものでなくても良いらしい)なので、ぜひ真似してやってみてください。

ポイントは

  • オリーブオイルはたっぷり使う。
  • にんにくは冷たいところから加熱して弱火でじっくり香りをオイルに移す。
  • アサリをたっぷりの白ワインで蒸す。アルコールはしっかり飛ばす。
  • パスタの茹で汁には塩しっかり入れるが、アサリの塩分もあるので濃すぎない程度に。
  • 2分くらい早めにパスタを上げてアサリとオイルのソースの中で煮詰めてパスタに染み込ませる。
  • 仕上げに追いオリーブオイル。

イタリアンパセリは用意が難しいので乾燥パセリや乾燥バジルなどで代用しました。

作ってみると、うまい! 子供には「おとなのあじ!」と言われながらも好評で子供も美味しく食べれました。

アサリを入れる以外の工程はペペロンチーノの基本的な作り方と似ていますね。この作り方を覚えれば他のオイルベースの色々なパスタに応用できると思います。アサリの砂抜きを前日に仕込むという工程はありますが、調理時間はそこまでかからないので、リモートワークのお昼休みでも十分調理が可能です。ぜひお試しを。

関連記事

月別アーカイブ

タグクラウド