Apple Watchで一番使う機能は「通知」

|

IMG 2033Apple WatchのCMを見ていると、なんとなくおしゃれではあるが何に使えるのかいまいちよくわからんと思う人も多いのではないでしょうか。私もよくわかりません。
なぜよくわからないかというと個人的にApple Watchでもっとも重要で便利だと思う機能に触れられていないからです。

それは通知機能です。

これがほぼ全てと言っても過言ではないくらいです。

それはiPhoneに届く通知がApple Watchにも届く、これだけの機能なのですが、そのことでiPhoneを気にかける必要がなくなるというのが大きいです。

そして通知が腕をトントンとノックする方式というのがiPhoneではできない大きな特徴です。アラームが突然なったり、机の上でバイブレーションがぶるぶるなったりするのはストレスが大きかったりするのですが、Apple Watchの通知は煩わしさがなく、しかし確実に気がつくことができます。

目覚ましのアラームなどは起こされるときの煩わしさがないだけでなく、周りの家族を起こすことなく自分だけ起きることもできます。

で、そんな通知を腕で受け取ることができるのですが、iPhoneに来る通知とApple Watchに来る通知は別に設定することができるというのが更にポイントです。

ここで重要なことは、Apple Watchに届く通知を「本当に必要なものだけに厳選する」ということです。

スマホゲームの通知とかクーポン情報などを設定してはいけません(もちろんそれが必ず受け取りたい情報なのであれば設定したら良いですが)

設定するのは Slack、Teamsなどの着信、メンション系、Outlook、Gmailの重要なメール、ロボット掃除機が止まったなどの異常に関するアラート、防災情報、天気情報など 見逃したくない情報のみに厳選して設定しておきます。

そうしたらiPhoneのことは忘れて作業に没頭します。または休憩するときはぼーっと休みます。Apple Watchを巻いていればボスから連絡が来てもすぐに反応ができます。

移動するときも昔のiPhoneはコンパクトだったのでポケットに入れますが、最近はミニバッグなどに入れたりします。そんなときもApple Watchを巻いていれば通知を逃すことがありません。

この通知という基本機能、新しいアプリが出ようとも、Apple Watchの新しいモデルが出ようとも変わらない基本機能だと思います。

CMでもそうゆう基本機能をもっと訴求したら良いのにと思います。

関連記事

月別アーカイブ

タグクラウド