IMG 0426

テレワークを快適にするグッズもこれで最後のピースかなという気がしていますが、こちらのヘッドホンを購入しました。

最近、アップルの高級なヘッドホンが色んな意味で話題になったりしていて、そういえばソニーのノイキャンヘッドホンは評判いいけどもうちょっとお安いのないかなぁと調べたらほぼ1万円のこちらがあるではありませんか。

IMG 0428

我が家にはそんなにお高いヘッドホンは無く、以前はオーディオテクニカの6000円くらいのワイヤレスを使っていたのですが、完全に耳を覆ってくれない丸型のやつで長時間使っていると耳が痛くなってしまうんですね。

オンライン会議をやっていると部屋にこもって一人でいるときはいいのですが、家族もいる中でしっかり聞かないといけなかったり、聞きながらちょっと部屋の中を移動したりするときにはヘッドホンがあるといい(移動したいので絶対ワイヤレス)ということでもうちょっといいヘッドホンないかと思って購入したのがこちらです。

肝心のつけ心地ですが、完全に耳を覆ってくれて接地面もフカフカで長時間つけても痛くなることがないのでとてもGoodです。

ノイズキャンセリングおよび外音取り込み機能はどうか

そして今回のモデルのポイントであるノイズキャンセリング機能。周りの音を消すだけではなく、その逆の「外音取り込み」機能もついているのがポイントです。

というのもテレワークでヘッドホンを付けている家族に話しかけられたり職場でも同様に話しかけられることが多いのですがそうゆうときに外音取り込み機能があれば呼びかけに気づいてそのまま会話できたりするんじゃないかと思ったためです。

が、結論としては、機能の効きは甘めで、上位モデルにあるような強力なノイズキャンセリングだったり、逆に日常会話ができるレベルの外音取り込みには至らない印象でした。

ノイキャンはまぁまぁ騒音はカットしてくれますが、聞こえる音は割と聞こえる感じ、一方外音取り込みは完全にクリアに聞こえる感じはなく、多少聞き取りやすいかな?という感じあれどそのまま会話するのはちょっと厳しかなという印象です。

まぁ価格相応ということでこんなもんかなと思います。満足できなければ3倍の価格を払って上位モデルを買いましょう。

IMG 0427

充電はUSB-C(嬉しい)そしてイヤホンジャックをつけて普通のワイヤードイヤホンとして使うこともできてこれはありがたい。仕事をしていていざというときに電池が切れてしまったり、無線が途切れてしまったりするとクリティカルな問題になりますからね。

というか何回か使っていてブルートゥースの接続が会議中に突然来れることが何回かあって焦りました。どうもアップルウォッチの通知が飛んだときに起きたりしていて複合的な原因がある模様。

IMG 0326

ルックスは悪くない。職場ではゲーミングっぽいやつも支給されていてそれも使っていたのですが、かさばるしワイヤードだし、見た目もやたら派手でリモートでお客さんに映るのがはばかられるルックスだったりしますが、これはいい感じです。

スマホにもペアリングして複数端末利用はどうか

仕事用と思って買ったものの、見た目もいいので出歩き用のヘッドホンとしても使っちゃおうかなと思い使ってみました。

まずこの時期、耳あて代わりになって温かいというメリットがありますw

そして移動中は音楽を聞いたりYouTubeを見たり(楽天モバイルで使い放題)に使うのですが音質はまぁまぁ満足しています(元々そんなに高音質なイヤホンを使ってない・ソースもSpotifyとかなので)

ここで一つ問題になるのがペアリングの切り替えです。このモデルは複数端末のペアリングに対応していますが、一度端末につないだ後、別の端末に切り替えるときがちょっとネックです。切り替える場合はすでにつないでいる端末のブルートゥース接続を一度オフにしてあげる必要があります。そうしないとヘッドホン側で接続を切ってつなぎ直そうとしても以前につないだ端末に先につながってしまうためです。(これも上位モデルだともっとスムーズにできるのがあるらしい)

しかしなれればそこまで手間という感じでもないので、パソコンとスマホの併用で使っていこうと思います。これだけ活用できれば1万円の元は十分取れるなという満足感です。

仕事で使いやすいヘッドホンでコスパ良いのを探している方は検討ください。一応言っておくともちろんマイク内臓なのでこれだけでリモート会議できます。バッテリの持ちは最大35時間。ガッツリ使っても数日に1回充電すればいいということで仕事で頼れるスタミナです。

関連記事

月別アーカイブ

タグクラウド