マハラダ: 2011年2月アーカイブ

3dscam.jpg
この2つの「目」が重要なんです。

ニンテンドー3DSを購入して、注目していることの一つは、
カメラを標準搭載した初めてのメジャーなゲーム専用機であるということです。

ゲー ムにカメラを連動させることは、それこそゲームボーイの時代から存在しているわけですが、今までは追加で買い足さないといけなかったり、DSiのようにDSシリーズの+α要素として搭載されたものでした。普及する台数は限られます。

そうするとゲームメーカーは、あまり普及していない機能のために本気出して開発をすることは少なくなってしまいます。
「カメラを使うとこんなこと出来ます。」というものは色々ありましたが、「カメラを使わないと出来ないゲーム」っていうのはほとんど無かったように思います。

カメラを使った面白いゲームを作るためには、ちょっとしたオマケ要素に使うよりもゲームシステムの根幹にカメラ機能を活用した方が面白いに違いありません。

しかし、カメラゲーム機が普及しない以上、カメラを効果的に使ったゲームが生まれてこないのは仕方ないことだったように思います。

iPhoneのiOSで動くゲームはiPod touchの旧型を除けばカメラ標準搭載。そこでセカイカメラなどのAR(拡張現実)という概念が話題になりました。けど個人的にはガッツリ系のゲームはボタンで遊びたいです。

今回3DSはゲーム専用の新ハードにしてカメラを標準搭載、しかも3Dのインプットとアウトプットができます。まだどれくらい売れるのかは判らないですが、なんとかモンスターやらが3D化してナニモンのカードがAR対応なんかしちゃった日にはそれなりには売れるんじゃないでしょうか。

ゲームクリエイターさんたちがこのカメラゲーム機を使って面白いゲームを作ってくれることを期待したいです。

もうすぐカメラ標準搭載のソニーのNGPも出ますしね。

3ds02.jpg
予約票を無くしかけたんですが、無事にニンテンドー3DSを入手しました。

3D画面の印象ですが、ちゃんと立体に見えます。
問題は見る角度と距離ですね。少しでも斜めから見るとぶれます。天地も目に対してまっすぐである必要があります。別の人の持っている3DSを横から覗き込むとまず焦点が合いません。

まだ1時間ほどしか連続プレイしてないのですが、個人的には目が疲れるというよりも、見やすい位置に保持するのが疲れるのかもしれないなーと思います。
akanenoma.jpg
急ごしらえなんですけども。
BadgePizというサービスを使って、茜の間にinstagram内の特定のハッシュタグのついた写真を表示させるブログパーツを設置しました。

maharada.netホームにはFlickr経由でinstagramの写真を全て掲載するブログパーツを使っていますが、茜の写真だけ載せるという目的にあったブログパーツがこれでした。

もちろんハッシュタグは#akaneです。

#akaneと入っていれば何でも出てくるので関係の無い写真が出てしまう可能性もありますが、もしも問題が出てくるようでしたらまた考えます。

茜の間のサイト自体も2時間で作った簡易なものなので、そろそろリニューアルしたいと思っています。茜も大人になってきましたし・・・。

が、いろいろ欲が出てくると終わらない罠・・・。
ちょっとづつ出来るのがブログのメリットなので、こうして部分的な改修をしながらブログにまとめていきたいと思っています。
yoshiishop01.jpg
yoshiishop02.jpg本物!!

期間限定オープン中の吉井和哉オフィシャルショップへ行ってきました。

オフィシャルフォトグラファーの有賀幹夫さんのトークショーも観てきました。

濃い話がいっぱい聞けて楽しかったです。
ロックスターとフォトグラファーの関係って素敵♪

そしてお風呂で貼れるという2011年カレンダーも買ったので貼ってみました。

ブーツにも使える布団乾燥機

|
huton01.jpg
この通り、猫でも簡単にブーツを乾燥させることができます。

布団乾燥機を買いました。
最近の布団乾燥機は優秀で、ブーツを乾燥させる機能がついています。
自分はブーツをあまり履かない方なのですが、ブーツをよく履く女子にとってはニオイや衛生面、履いたときにしめっとする感じが気になっている方も多い事でしょう。

メインの用途である布団の乾燥のメリットは、
  • 足もと温め機能により冬でも10分ほどで冷えやすい足もとを暖めることが出来る。
  • 全体をじっくり乾燥させれば、ぽっかぽかの布団で寝られる。
  • 湿気をとることができるので布団が軽くなって寝やすい。清潔。
という感じです。

昔からあるものですが、意外と持ってない方も多いのではないかと。オススメです。


picmatrix.png
以前、maharadaのWeb活動をマトリクスにしてみたというエントリーで諸々のWebサービスをどう位置づけているかを書いたのですが、その頃には活用していなかったinstagramやFacebookなどが増えるにつれ、写真(動画)を軸に分類できそうな気がしてきたので、やってました。

縦軸
[Pro]とはつまり一眼(Lumix GH1)を使った気合の入った写真、[Lite]とは日常ケータイ(iPhone)で撮る写真のことです。

横軸
[Private]は俺自身のパーソナリティに少なからず興味のある方々、つまりほぼリアルの知り合いの方々に向けた写真、[Public]は写真そのものがネタとして成立するもの、maharadaを知ってようといまいと見られる写真です。

このマトリクスを使って今使用している写真が絡むWebサービスを配置してみました。

Photo 2月 02, 0 12 50.jpg
なんと鞄を無くしてしまいましてw
不幸中の幸い、戻ってきたんですけども、その時思いました。

「カード何持ってたっけ?」と。

そこでこのアプリです。
カードをiPhnoeのカメラでパシャッと撮って、まるでカードをコレクションするように記録することができます。
裏面も記録できます。

またカードは「クレジット」「ポイント」「病院」のように任意のカテゴリを設定して分類することができます。

クレジットカードは紛失したらとにかく止める!が鉄則ですが、カードも増えてくると止めるべきカードが何なのかわからなくなってしまうかもしれません。

あと増え続けるポイントカード系も記録しておけば、全部を持ち歩かなくても、何を持っていたかいつでも参照できて便利なんじゃないでしょうか。

何よりこのアプリの一番魅力的な点は、カードが画面上に綺麗に並べられることだったりしますけども・・・。この画面にカードを追加したいがために、ぱしゃぱしゃ撮影しまくってしまいます。

バーコード系のカードはカードを持ち歩かなくても画面を見せればスキャンしてくれたり・・・しないかな。

「カード類」

月別アーカイブ