マハラダ: 2011年5月アーカイブ

vino01.jpg
イタリアはどの店に行ってもワインがうまかったです。
が、中でも印象的だったのがヴェネツィアで飲んだ白ワイン。

Cantinone Gia Schiavi(カンティノーネ・ジャ・スキアーヴィ)というお店。
バーカロといって昼食前や夕食前にヴェネツィアの漁師たちが軽く一杯やって語り合う立ち飲み屋のようなところです。
これはお店の外です。ヴェネツィアらしい川辺にあります。
grom01.jpg
イタリアといえばジェラートなので、当然たくさん食べました。
たいてい観光名所の周辺にはジェラート屋があるのですが、一番美味しかったのはここ。
フィレンツェで表通りからちょっと路地に入ったところにあります。

GROM
Asole_Bottoni01.jpg
イタリアといえば皮。特にフィレンツェは有名です。
が、これはローマで買いました。

いわゆるブランドもののブティックは日本でも敷居が高いのに、イタリアの店にはさらに勇気がいる雰囲気だったので、H&Mとかリーズナブルなブランドが並んでいる通りで買いました。

Asole & Bottoni(アーゾレ・エ・ボットーニ)という日本には聞き馴染みのないお店です。

イントレチャートのベルトがずっと欲しかったので、やっと買えました。
5,000円くらいでした。

缶のケースに入っているのがユニークです。

音楽プレーヤーとしてのiPad

|
musicipad.jpg
基本的なことなんですけども、iPadはiPodにもなります。

旅行に持っていった際には意外と活躍しました。
このようにスタンドにすれば、部屋の中で簡易iPodオーディオになります。
もちろん音は大したことない&モノラルですけども。小さくBGMを鳴らすのには十分かと。
iPhoneでいいじゃんということもありますが、多少は音がよい&iPhoneのバッテリを使わないというメリットがありつつ、
novella03.jpg
レジ・注文カウンターです。

イタリアはフィレンツェにある、世界最古の薬局と言われているサンタ・マリア・ノヴェッラへ行ってきました。

修道院をルーツとして800年の歴史があるそうです。80年じゃないんですのよ奥さん。
自然治癒・予防医学のコンセプトにもとづき、ハーブの効果や効能を最大限にいかしたレシピでつくられる癒しのプロダクツは、オーデコロンやバス・インテリア、食品にいたるまで広がります。ライフスタイルの様々なシーンにハーブを取り入れ、豊かなライフスタイルをお楽しみいただけます。

月別アーカイブ