音楽

吉井和哉/The Yellow Monkey 一筋。あとはPerfume。それ以外は洋楽。

The Yellow Monkey Is Here. New Best

|

ベスト盤を全曲再録音、それも細かなアレンジこそあれアコースティック版とかにするわけでもなく直球の取り直し。バンドの状態によほどの自信がないとできない企画にまずは拍手。

そして仕上がったアルバムは、予想以上に生々しいスタジオライブ感のあるサウンドでした。オリジナルはいい意味でこねくり回して作られたサウンドだったのが、これは予想外の方向性。

曲によってはオリジナルの若さゆえのギラギラ感、2度は撮れないようなミラクルなテイクがたくさんある中で、これはやっぱりオリジナルの方がよいか?と思うのもあれば、超絶グレードアップしている曲たちもある不思議なベスト盤です。

AbEZh88QRoyytHSBDHpakQ thumb 1ac80

今までドラムスティックのケースというものを持っておらず裸で持ち歩いていたのですが、さすがにどうかと思いこちらを購入しました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1ac1b

ついにこの日が来た。The Yellow Monkeyのバースデイ12/28の特別ライブ、メカラウロコ。武道館は落選。東京在住にも関わらずライブビューイングだったわけです。不覚・・・

しかしライブビューイングは良いカメラワークと整った音響で聴けるので良しとしよう。

果たしてセットリストはどうなるのか。古い曲をやってくれるのは間違いないが・・・結果としては、最高でした。もう死んでもいいと思いました。いや生きる。生きててよかった。5回位泣いた。

音は序盤「ちっさ!おもてたの1/50の音量じゃねーか!」と思ったんだけど徐々に調整されいい感じの爆音になりました。拍手とかの盛り上がりも中々良好で歌うべきところはみんなで歌う。手も大事なところは挙げるって感じで良かったんじゃないかと。しかし音量の違いで静かめの曲のメロとかを普通に後ろの人に歌われると勘弁してくれって感じがありましたけど。

今年は個人的にとても大きな節目の年になりました。当ブログのエントリーから2016年の極めて個人的な10大トピックスを紹介して行きたいと思います。買い物以外も含めてまとめます。

2f24d6690d2fc6ff8b98048e68298afe

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーという最高な映画の第2弾が出るというニュースを見て、そういえばあの映画サントラも最高だったけどApple Musicに出てないかな?と思って調べてみたところ、残念ながらiTunes Storeの方にしか無くて買おうか迷っておりました。

しかし曲は全て70-80sの有名な曲ばかりで、すでに私のライブラリにも入っている曲が多く、わざわざ買うほどでも無いなぁと思いつつ、いや待てよ・・・この曲達、個別に探せばApple Musicに落ちてそうじゃね? と思って検索したところ、なんと全曲が個別にApple Musicに存在しているではありませんか。

ということでプレイリストを作るだけでサントラが完成してしまいました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1aaf3

バンドでドラムをやっていると、ギターの人たちはギターの買い替えはもちろんエフェクターだ何だと色々とエキップメント的な楽しみがあって、私のようなマイスネアすら持っていない日曜ドラマーにはスティックにこだわるくらいしか見た目的な楽しみはなかったりするのですが、ちょっと気分転換にと思い、テープを巻いてみることにしました。

楽器モノガタリ

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1aae4

今回巻きつけるスティックはこちら、The Yellow Monkeyのアニーさんのシグネチャーモデルです。この方もテーピングしてライブしていることがよくあるので真似してみます。テーピングの品名までは特定できていませんが、きっともっといいのを使ってると思います。

A12EVicYT4L SL1500待望のライブ映像リリースです。
奇しくも私が今回のツアーで見に行ったさいたまスーパーアリーナ2日目の映像化となりました。

せっかくなら他の日でもよかったな、横アリ見たかったなとか思いつつも当時の記憶がよみがえる感じで楽しめました。

ライブを見たときの感想としては

「生きててよかった」The Yellow Monkey さいたまスーパーアリーナ セットリスト 感想

こちらにまとめておりますので合わせてお読み頂けますと幸いです。

そして映像の感想ですが(BD版を購入)
「すみません、まだ2回しか見ていません(宇多丸風)」
1曲ごとの感想は全開のブログにまとめているため全体で印象に残ったポイントについて書いていきます。

砂の塔【初回限定盤】The Yellow Monkey

|

8140jDiTBIL SL1500

再集結後、待望のシングルリリースで、店舗ではお祭り騒ぎな猛プッシュ状態でしたが、今回は内容的にもとてもヤバい事になっているので紹介したいと思います。

価格は一般的なシングルの価格¥1,296なのですが、収録されている曲目が以下。

Ya

きたあああああああああああああああああ!!!!!!

ようやくALRIGHTをシングルリリースかと思ったら新曲!
そしてTBSドラマ主題歌!TBSドラマといったら「BURN」です。「職員室」っていうドラマの主題歌でまさしくイエローモンキーの人気絶頂だったころ。それ以来ということで、再終結後の扱いの大きさにファンは若干うれしい戸惑いを覚える感じですが。

The Yellow Monkeyがそこにはいた。泣いた。リアルに5回くらい泣いた。

座席は400レベルの最後方で、一挙手一投足までは見えなかったけど、全体を見渡すことが出来たし、なによりステージから発せられる彼らのオーラが、圧倒的にイエローモンキーだった。ロビンが、ヒーセが、アニーが、エマがそこにはいた。幻では無かった。とりあえず白コートのエマを人間国宝にすべき。以下ネタバレ。

月別アーカイブ

タグクラウド