音楽: 2010年12月アーカイブ

吉井和哉ファンとしては一度行ってみたかったわけですが、
この度お誘いを頂き、10年目にして初めて行って来ました。

結論としては来年も行きたい!と思うくらい楽しかったです。

このライブはチャリティを目的としており、
売り上げは世界の恵まれない地域に学校を建設しています。10年間で100校もの学校が建設されているそうです。
お金や物資など形の残らないものではなく、「魚をあげるより魚のつり方を教えるべき」という考え方で、教育という未来への可能性が広がるものを学校と言う形の残るもので贈るという方針です。
また、「これをあげましたー、パチパチ」で終わった後、運営が上手くいかずに寂れてしまったりと言う支援も世の中にはあるそうですが、きちんと地域に根づくまで面倒を見ているそうです。

チャリティ目的でアーティストも集まっているわけなので、11組もの人たちが、3時間の間に1人2曲くらいしかやらない、というフェスなどではあまり考えられない凝縮感です。これにより幕の内弁当的なつまみ食い感覚でいろんな人たちを見ることができて新鮮でした。

月別アーカイブ