ゲーム: 2014年6月アーカイブ

これはいい!
映画「Kill Bill」のストーリーをファミコン風に再現した動画です。
スパルタンXのような横スクロールアクション風で、原作も昔のカンフー映画をわざとチープにオマージュしたような感じだったのでファミコンの世界観に馴染んでますw

そして音楽も懐かしのファミコン風ピコピコサウンドになっているのですが、キル・ビルのサントラはピコピコサウンドにハマってますね。グリーン・ホーネットのテーマが特に好きです。

他の映画も色々作られていて、 

これは良い方向性。
フロム・ソフトウェアのデモンズソウル→ダークソウルの系譜の新作がPS4独占タイトルとして発表されました。

ブラッドボーン

トレーラーを見ると、ダークソウルまでのゴシックな世界観からやや時代が進んでモダンな雰囲気になっております。ヴィクトリア朝をイメージしたとのこと。

そして手には銃。これはプレイスタイルに大きな変更が加わっています。防具も甲冑のようなものよりも身軽になっており、より攻撃的でスピーディなアクションになりそうです。

とはいえ、今までのシリーズ同様、指先の反射神経やコマンド入力がメインなのではなく、経験を積んで戦略を立てて戦うスタイルは継承するとのこと。銃を持つといえども「シューター」的なゲームにはならないそうです。ふむふむシリーズのファンには安心ですね。

E3の発表において誰も想像していなかったような新しいタイプのゲームが発表されました。一言では説明しづらいので↑の動画を見ていただきたいのですが、任天堂が出したFPS/TPSの一つの答えという事になるのだろうと思います。

  • 弾丸の代わりにインクを撃って地面を塗りつぶし陣取りをする4on4のオンラインゲーム
  • キャラクターはイカに変身しインクの中を泳いで高速移動できる

という珍妙な設定のゲームです。なぜイカなのかというとこのインクの中を高速移動という機能を体現する形だったということで任天堂らしい発想です。

  • 敵のインクは通行の妨げになるため、インクは攻めと守りの要素がある
  • インクの中には隠れて潜んだりというステルス要素もある

という戦略性の高そうな要素に加え、ゲームパッドならではの要素として

  • ゲームパッドの地図で陣取りの戦況が表示され、仲間プレイヤーのアイコンとタッチすると瞬時に飛行して駆けつけることが出来る

らしいです。この指し示したところに瞬時に移動というのはタッチディスプレイならではの遊びです。 

WiiU「Mario Maker(仮称)」への期待

|

昔からあったらいいなというタイトルではありましたが、E3で発表されました。WiiUに登場するようです。

内容は想像がつくものなのですが、これを見た時、ゲームパッドに合いそうなタイトルだなと思いました。ゲームパッドには感圧式タッチパネルの大きな画面があってペンで直感的にコースをエディットすることが出来ます。そしてテストプレイはテレビ画面で出来るとなると想定されるのが2人でのプレイです。

1人はコースのクリエイター、もう1人はテスターとなって、クリエイターがゲームパッドで作ったコースを即座にテスターに渡しテレビ画面で遊んでもらうことが出来るのではないでしょうか。

マリオカート8が楽しい

|

安定のマリカーですね。反重力というフィーチャーによって、壁走り天井走り上等の縦横無尽さが楽しいです。

WiiU MarioKart8 21

そしてまずはグランプリでCPU戦。敵の強さはどうなんでしょう。シリーズを全部やっているわけではなく、久々でまだやり込んでないのでなんとも言えないですが、それなりに歯ごたえありそうです。
上位で独走していたのに終盤にアイテムでフルボッコになることも何度かありましたが、やり込んでいけば確実に勝率は上がりそう。

残念なのは、ゲームパッドの画面単体で遊べるのはいいのですが2人対戦で画面を1つずつ使えないところ。そのためのパッドじゃないの?って感じですが技術的に難しかったんでしょうか。FPS系のゲームで同じようなことを既に実現しているものもあるらしいです。

WiiUとマリオカート8を購入

|

P1090389

やっっふぅうううううう!!!!

買っちゃいました。我らが任天堂が誇る神ハードWiiUでございますよ。
ソフトは勿論マリオカート8ィィィィィ!!

月別アーカイブ