小説と漫画はあまり読みません。

角田光代「森に眠る魚」

|

久々に本を読みました。アメトーークの「読書芸人」でオードリー若林さんがオススメしていた角田光代 著「森に眠る魚」です。

5人のママ友の歯車が狂っていく話です。とてもリアルで恐ろしくなるお話でした。私はパパ側ですが、実際にママの方々が読むとどう感じるのでしょうか。眠れなくなるかもしれません。

Kindle Paperwhiteを購入

|

P1200457

今年の誕生日プレゼントということで、前々から欲しかった電子書籍端末、Kindle を購入しました。

購入したモデルはKindle Paperwhiteです。

Kindle Paperwhite - 最高の読書体験、そのための電子書籍リーダー

ここ最近、Kindleは色々とモデルラインナップが色々と変わっていて、このモデルは下から2番めの性能のモデルです。一番安いのでも良いかと思ったのですが、一番下のモデルは解像度が167ppi、このモデルは300ppiであることと、内臓ライトもあり/なしということでこの差はでかいなと思ったのでこちらのモデルにしました。

「無料3Gなし、広告表示あり」のモデルを選んでお値段を抑えました。 

viewn02.jpg
ビューン

「ビューン」は、iPad、iPhone、iPod touch、SoftBank携帯電話、Android搭載スマートフォンで、新聞や雑誌、テレビニュースなどがお得な定額料金で楽しめるコンテンツ配信サービスです。 閲覧できるコンテンツは、ニュース、ビジネス、ファッション、グルメ、モノ、旅、スポーツ、ファミリー向け情報など各ジャンルを代表するもので、年齢性別 を問わずどなたでも楽しく便利に使っていただけます。

この度、雑誌のラインナップが拡充され、

  • Web Designing
  • Mac Fan
などが追加されました。
Web Designingといえば定価1,470円もする雑誌です。
ビューンは月額課金制で

  • iPhone/iPod touch 版 350円
  • iPad 版 450円
  • Android 版 315円
となっています。勿論他の雑誌も全て読み放題。(ラインナップはこちら。)
一部を除き、バックナンバーも読めます。

これはお得!ということで契約してみました。

情報は集めるな!

|
「指南役」の著、情報は集めるな!という本を読みました。
過去3冊のシリーズを読んで面白かったので、今回も読んでみましたが、やはり面白かったです。

最近はiPhoneのせいで、Twitter,Tumblr,RSS,2ちゃんねる等の「情報漬け」無限ループ状態になっていますが、そのカウンターとなるような内容です。

「100人のコピペより1人のイブ」という節があります。
ここで言う「イブ」とはコピペの元になった人という意味。
ネット上にあるものはコピペが多い。
誰かが言ったこと、見たこと、聞いたことのコピペ情報。それが更にコピペされてまとめられて行きます。ネットにはたくさんの情報が溢れているけど、リアルの世界にはまだコピペされていない「ダイヤの原石」が転がっている。
それはジャングルの奥地や、ニューヨークのタイムズスクエアに行かないと手に入らないものばかりではなく、日常生活の中に無限にあると書かれています。

大事なのはそれをキャッチする感性。感性ない人にはそれが見えない、と。
iPhoneを買ったことでライフハックに興味を持ちまして、
iPhone情報整理術 ~あなたを情報''強者''に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)
これを読み、GTDという考え方に興味を持ち、
はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
この本で掘り下げて知ることができ、身の回りのあらゆるものを整理していくと生産性が向上するんじゃないかということで、
整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣
この本を読みまして、いろいろためになったわけですけども、
結局、この本に書いてあった内容で、一番目から鱗だったのが、
「Amazonの注文はローソンで受け取れる」という事実。

知らなかった。
今まで不在で受け取れなかったり、実家に送ったりしてたんですが、
これならいつでも受け取れるじゃないか。早く言ってよ、もう。

キミがこのエントリーを読んだワケ

|
hoichoi.jpgブログのカテゴリーを整理していたら、本カテゴリに1エントリーしかないことに気がつき、本を読んでないわけではないんだからね!とアピールするためにこのエントリーを書いてみたいと思います。

著:指南役のマーケティング的なお話の3冊。
1冊買ったら面白かったので、2、3が出るたびに面白くて買いました。
それぞれどんな事が書いてあるかというと

キミがこの本を買ったワケ
人が何に惹かれ、物を消費するのかということを解説しています。例えばこんなこと
  • クラスで4番目に可愛い女の子が一番モテる理由
  • 醤油が好きなのに、つい「塩で」と言ってしまう理由
  • あんなに楽しみにしていたドラマを見ていない理由
  • 女性向け商品がまるで魅力が無い理由
  • 親切にされると二度とその店に行かない理由
2002
朝日出版社
池谷 裕二, 糸井 重里


クリエイティブな仕事をしている/したい人にお勧めの本です。
脳の研究者である池谷裕二さんと、脳を使うことが仕事のような糸井重里さんが脳についての対談をした本です。

結構意外な事実が書かれてたりして、その多くは脳を使う人間にとって勇気付けられるものです。

例えば
「30歳を過ぎてから頭は良くなる」
「脳は死ぬまで疲れない」
「脳は使うほど飛躍的に成長する」
「寝ることは重要」
「センスは学べる」
など、特に、
「センスは学べる」
「センスは学べる」!
「センスは学べる」!!
ですよ皆さん。聴きましたか!

今、同じ言葉を繰り返し書いたのは、
「宣言したことを脳は事実として認識する」
と書かれていたからです(笑)。

月別アーカイブ

タグクラウド