アプリ

主にiPhoneのアプリについて。カメラ系が多い。

現在のiPhoneのホーム&2ndホーム画面

|
iphonecap01.jpg
iPhoneのアプリは日々、魅力的なアプリが続々と登場し、
自分のiPhoneに対するスタンスも日々変化し、依存度は日々増しております。

常用するアプリも入れ替わりを繰り返していますが、特に重要なのはホーム1枚目と2枚目に登録しているアプリ。ここには最重要なアプリたちをまとめています。
現在はこんな感じです。
iPhoneで写真をミニチュア撮影風に加工するTiltShiftGeneratorというアプリを紹介しましたが、このアプリは何かと使えるアプリで、ブツ撮り、特に食べ物をおいしく見せたいときにも使えます。

tsg01.jpgこれがiPhoneで普通に撮った写真。
いいっちゃいいんですが、あんまり美味しそうに見えません。

そこで、TiltShiftGeneratorの出番です。

彩度とコントラストを上げて、上下にブラーをかけると・・・



mono.jpg
iPhoneのカメラアプリColorSplash
写真をモノクロにして一部だけをカラーにできます。
指でなぞるだけでその部分をカラーにできます。
ただの写真もちょっとおしゃれな感じにできます。
IMG_0108.jpg

できたー。
連休中に都庁の展望台に行ったので、以前紹介したiPhoneのカメラアプリ"TiltShift Generator"でミニチュア風写真を作ってみました。
コツがわかりました。

iPhoneのカメラアプリを甘く見ていた

|
snapshot-1252422886.805654.jpg
何これ。めちゃめちゃ楽しいんですけど。
GH1とGX200を使っている自分にとってiPhoneのカメラはにはさほど期待しておらず、
カメラを持ってないときの臨時用に使うかな、くらいに思っていました。
またiPhoneにはカメラを使ったアプリがいろいろ出ていたのは知っていましたが、おまけ程度のものかと思っていました。

しかし! その認識は大きな間違いでした。
snapshot-1251389766.698665.jpgカレンダー・スケジュールはGoogleカレンダーと自動で同期できます。

最近、携帯を簡易スケジュール帳に使っている人は多いんじゃないでしようか。
打ち合わせの席でおもむろに携帯を開くと「カレンダーを見ているんだな」と思ってもらえますよね。

以前は手帳(クオバディス)を使っていた事もありました。でも常に持ち歩いているとは限らないので、たまに携帯に入力してしまう事があり、そうすると複数の場所に予定を分散して書いてしまう事になって、スケジュール帳としてはまずい事になってしまいます。

それがGoogleカレンダーと同期できるiPhoneは完全に1ソースで管理できるわけです。

GoogleカレンダーならPCで中長期的な予定をガッツリ入力する事も出来るし、それを懐のiPhoneでいつでも確認できます。
ほんと素晴らしい。
iphonemms.jpgiPhoneを買う前に不安に思っていたのは主にメール・文字入力関連についてでした。

確かにメール受信トレイがケータイ感覚でフォルダ分け出来ない点は残念です。

また通常のメールはいわゆるPCのメールと同じ仕様であるため、相手のケータイの設定によってはメールが届かなかったり、返信の際に、必ず相手の文章が引用されてしまったり、などの不満はあります。

しかしMMSというサービスがこれらの不満を解決してくれました。

あまり聞きなれない形式ですが、これはSoftbank以外のキャリアとも今までのケータイと同じ感覚で使え、むしろ優れた点があります。

黒い彗星のiPhone 3GS 地図系アプリ篇

|
写真.jpgGoogleマップが便利すぎます。

昨今の日本のケータイにもスペック的に同等の機能はあります。
しかし操作性とレスポンスの良さが決定的に違うように思います。

例えば地図を拡大したい時、
ケータイだと十字キーをぽちぽち何度も押して拡大ボタンにカーソルを合わせる必要がありますが、
iPhoneなら画面に二本指を当ててくいっと広げるかダブルタップ(クリック)するだけ。
縮小は二本指を逆に動かすか二本指でシングルタップするだけ。

また3GSは電子コンパス搭載なので、地図を向いている方向に合わせて回転させることもできます。
これは方向音痴の自分には大変ありがたいw

また、そのあらゆる動作がサクサクと動きます。

俺のiPod touchホーム画面

|
home.pngネタフルで「iPhone」あなたのホーム画面を見せてくださいというエントリーをやっていたので、遅ればせながらトラバしてみます。

といっても僕の場合は「iPod touch(初代)」です。
iPodなのでiPhoneとは使用スタイルが微妙に異なってきます。
当然ながら音楽を聴くのが第一の目的です。
また、「自力でネットに接続できない」ため、出先でネットにつなぐことはほとんどありません。(何のためにEMONSTERを買ったんだっていう突っ込みは禁止)
主にネットにつなぐのは家の中です。ごろ寝しながら、もしくは風呂でつなぐことが多いです。
最近はアプリが充実してきて音楽以外のアプリを使う時間が増えてきました。

ではホーム画面に選ばれたアプリを紹介したいと思います。

iPhone版Livedoor Readerが最高すぎる件

|
いやー、首を長くして待ってましたよ。Livedoor Readerは僕のネットサーフィンになくてはならないもので、僕にとってのWeb 2.0(笑)はLDR前、LDR後で分けられるといっても過言ではありません。

そのLDRに待望のiPhone/iPod touch版アプリ「LDR touch」がリリースされました。

その良さはコグレさんがしっかり説明してくださってますので、こちらをどうぞ
iPhone用"livedoor Reader"アプリ「LDR touch」リリース

Livedoor Readerそのものについてはこちら
「livedoor Reader」が良い感じ
livedoor Readerの良さを伝えるチャット

ポイントは、「速い!」「快適!」ってこと。
動作が軽快なのに加えて、キーボードショートカットが便利なんです。
フィードを次々にめくっていくことができます。自分が使っているのは「S」で「次のフィードへ」「A」で「前のフィードへ」が主ですが、これだけで100個以上のフィードをずばばばばばーっとめくっていくことができます。

あとブックマークレット。これを使うことで、今見てるサイトを登録したいときは、ブックマークからワンクリックでポンと登録できちゃう。

月別アーカイブ

タグクラウド