【イタリア】タグの付いたエントリー

IMG 4077

いやー、コスパ素晴らしいですよね。

サイゼリヤは本当に安い。安いことは知っていたが改めて晩御飯を食べに行ってみたら安すぎてぶったまげたので書いておきます。

 

P1100560

近所のスーパーにてイタリア在住経験(4泊6日)のカンを研ぎ澄ましてラベルで選んだ1本ですが、なかなかおいしかったです。780円くらいでした。

明治屋ニュース - イタリアワイン「フォロナリ FCL(エフ・チー・エル)」新発売のご案内 | 明治屋

Leggero (レッジェーロ)」はイタリア語で「ライトな」という意味だそうです。

P1120392

イタリア旅行の中でもフィレンツェは特に印象に残っていて楽しかったです。
中でも旅行会社のコーディネーターさんが自身で行ったというオススメのお店を教えてくれて、そこが印象に残っています。

『Ristorante Il Latini』イルラティーニ

行くとまずテーブルにワインが置いてあって、勝手に飲んでねっていう感じでした。しかも日本ではあまり見ないこのボトルの大きさ。

2人で結構飲みましたが、お会計は飲んだ分をどんぶり勘定的に?請求された気がしますが安かったです。そして普通に美味しいんだまたこのワインが。


いつの間にか進化しているYouTube。
UPした動画にフリーのBGMを挿入することができるようになっていました。
YouTubeの管理画面上からブラウザのみでできます。編集ソフトいらずです。

曲はポップ・ロック・フォーク調などたくさん用意されています。

↑のような旅行の動画も音楽が入るだけでちょっとしたPVみたいにw

音声の混ぜ具合も元の動画の音声を優先するか、均等にするか、BGMのみにするか等の調整も可能です。
動画の尺より短い音楽にすると途中で終わってしまいます。
開始位置を指定することもできるので盛り上がりどころでかけたりするといいかもしれないですね。

ただし一つ注意なのが、動画を収益化(バナーを載せて収入を得る)している場合、音楽を入れてしまうとその動画は収益化対象にできないようです。権利の問題でしょう。

ということでmaharadaのYouTubeチャンネルもよろしくです。

ヴェネツィア

|

2011年の春にイタリアに旅行してきた中でヴェネツィアの動画をまとめてみました。
今振り返ってみても、最高に楽しい場所でした。どこを撮っても絵になるという感じで。

イタリアで見つけた日本のものとか

|
itaco01.jpg
ローマのソフト屋さんで見つけました。

ポルコ・ロッソ=紅の豚
ポルコ=豚
ロッソ=赤

ですね。分かりやすいです。
これを覚えておくとリストランテに行ってメニューを見て注文するときに少し役立ちます。
豚が食べたければ「Porco」を探します。
また、ワインを頼むとき、ワインはVinoといいますが、色は赤がRosso(ロッソ)で白はBianco(ビアンコ)と言います。「ロッソ!」って言うだけで「あー赤ワインね」とだいたい分かってくれます。
vino01.jpg
イタリアはどの店に行ってもワインがうまかったです。
が、中でも印象的だったのがヴェネツィアで飲んだ白ワイン。

Cantinone Gia Schiavi(カンティノーネ・ジャ・スキアーヴィ)というお店。
バーカロといって昼食前や夕食前にヴェネツィアの漁師たちが軽く一杯やって語り合う立ち飲み屋のようなところです。
これはお店の外です。ヴェネツィアらしい川辺にあります。
grom01.jpg
イタリアといえばジェラートなので、当然たくさん食べました。
たいてい観光名所の周辺にはジェラート屋があるのですが、一番美味しかったのはここ。
フィレンツェで表通りからちょっと路地に入ったところにあります。

GROM
Asole_Bottoni01.jpg
イタリアといえば皮。特にフィレンツェは有名です。
が、これはローマで買いました。

いわゆるブランドもののブティックは日本でも敷居が高いのに、イタリアの店にはさらに勇気がいる雰囲気だったので、H&Mとかリーズナブルなブランドが並んでいる通りで買いました。

Asole & Bottoni(アーゾレ・エ・ボットーニ)という日本には聞き馴染みのないお店です。

イントレチャートのベルトがずっと欲しかったので、やっと買えました。
5,000円くらいでした。

缶のケースに入っているのがユニークです。
novella03.jpg
レジ・注文カウンターです。

イタリアはフィレンツェにある、世界最古の薬局と言われているサンタ・マリア・ノヴェッラへ行ってきました。

修道院をルーツとして800年の歴史があるそうです。80年じゃないんですのよ奥さん。
自然治癒・予防医学のコンセプトにもとづき、ハーブの効果や効能を最大限にいかしたレシピでつくられる癒しのプロダクツは、オーデコロンやバス・インテリア、食品にいたるまで広がります。ライフスタイルの様々なシーンにハーブを取り入れ、豊かなライフスタイルをお楽しみいただけます。

月別アーカイブ

タグクラウド